踊る花嫁〜てんてこ舞いとキリキリ舞い

0



    バイバイと
    手を降り続ける
    改札口

    (下の句誰かつけて)


    披露宴と1,5次会の準備で
    連日遅くなり、
    KKさんとネコ屋敷で

    「あれっ今日も来てたんかいな」
    と顔をあわせながら、

    何度もひざにのってくるチッチ猫
    なだめたり追い立てたりしながら
    終電までねばった日々。電車

    もっと早く準備始めてたんだけど
    具体的にやり出したのは
    2週間前からになってしまい、カレンダー汗

    ほんとだったら2週間前に終わらせて
    あとはのんびりお肌の手入れでも
    するのが理想なんだけど、
    続きを読む >>

    ブライダル懸念

    0


      6月22日、ようやく職場での
      マスク着用の義務が外された。

      入梅して日ごとに
      むし暑くなってきてたし、

      「マスク、解除します」
      の号令に
      どれだけ喜んだことか。
      このまま夏も秋も冬も一年中
      マスクし続けなあかんのかと
      懸念してたとこだったから。


      5月の初めに新型インフルエンザが
      関西圏を脅かし、
      京都でも発症が報告されてから
      パニックにはならなかったけど
      不安が重苦しく広がった。


      「結婚式ってできるんかな…?汗
      続きを読む >>

      呼び方

      0


        仕事はじめてます。病院


        体力的にグロッキーです。
        精神的にもだんだんとね。
        まあその話しはいづれ
        機会があればするとして、


        経験が少しばかりあるほうが
        全くの新人よりはいいに決まってるが
        前の病院でやってたクセが
        けっこうジャマしたりした。モゴモゴ


        パソコンの入力でも
        今のとこは「F12」が登録だけど
        前のとこではそれは消去キーだったし
        最初とまどった。PC


        あと、とまどったといえば
        患者さんの呼び方。
        続きを読む >>

        くだらない本

        0


          りんりんと目がさえて
          眠れない日が続いた時、月

          私が夜眠れない原因が
          仕事をやめて昼夜逆転したから
          という生理的な理由のほかに

          悶々とココロ悩ませるものがあるから
          ということを見抜いたあつろう君が


          「こういう本でも読んで
           考え過ぎなや嬉しい


          とすすめてくれた本が、こちら↓
          続きを読む >>

          抹茶づくし

          0


            街のケーキ屋さんソルシエ
            ジャムコーナーで売られてた
            抹茶クリーム。ラブラブ
            パンに塗って食べたよ。パン

            (焼き菓子はけっこうおいしくて、
             ケーキは野菜ケーキが多いんだけど
             ネーミングが「天女の想ひ」とか
             口に出して注文しにくいんが多い)



            最近、更新がはげしく滞ってますが
            順を追って説明しようと思うと
            とても長くなるので


            (疲れて激ねむで、夕飯食べたら
             今までの3分の1もパソコンに
             向かえないので。何でこんなに
             疲れてるのかは、一部の人には
             知らせてるけどそのうち書きます)


            とりあえず
            抹茶ざんまいな生活の一コマを。


            何で抹茶かというと、これ↓




            続きを読む >>

            お義母さん、ヨモギを下さい

            0

              これはネギ


              眠れない…
              白々と夜が明ける。

              夜なかなか眠らない状態を
              徳島弁では、

              「目がカタい」
              と言うらしい。月


              先日、あつろう君に聞いた
              お母さんの話。


              安眠やリラックス効果などあるらしいと
              ヨモギを集めて乾燥させて
              枕や座布団を作っていたお母さんが、
              ある日悪夢を見た。おばけ
              続きを読む >>

              まさかの煮豚

              0


                コラーゲンが多い食物だとか
                貧血や美容にいいというものは
                ことごとく苦手な私だけど、バッド
                最近の不摂生に
                体の方が危機を感じたのか
                むしょーに肉が食べたくなった。ディナー
                というか食べなきゃダメだろ!と
                体の方から訴えて来た。


                というわけで初のチャレンジ
                豚角煮風。NEW!



                なんでかね、
                食感はブリっぽいんですけど。魚



                味が鶏レバーそのもの。冷や汗

                あれ〜?おっかしいな
                私、豚買ってきたよね?豚


                苦手な豚肉を調理すると、
                大嫌いなレバー味になるという不思議。



                初夏のお散歩

                0

                  「お散歩行くの?!」の顔


                  6日は実家で姪をあずかったので子供
                  昼ご飯を食べてから一緒に
                  らみいも連れて散歩に行くことに。

                  連日、雨が降ってて
                  散歩に行ってなかったので
                  大はしゃぎで闊歩するらみい。ラッキー



                  雨に洗われた空、五月の風、
                  緑の海原のような麦畑、
                  道ばたのシロツメクサと
                  まむし… 
                  まむし?!”

                  続きを読む >>

                  岐阜のケーキ屋さん

                  0


                    本来なら
                    「食べてみたかっただけ」の
                    カテゴリーのはずの内容だけど、

                    京都から発信するのにかぎりなく
                    限定された人しか(浮舟の読者では)
                    分からない岐阜の情報なので
                    こちらのカテでアップします。



                    帰る前、母に京都のお土産の
                    リクエストを聞いたら、

                    「ダックワーズ」だと。
                    抹茶クリームはさんだやつね…


                    いつぞやのリベンジ!
                    アンテノールでなく
                    意気込んで菓子職人に行ったら、
                    売ってなかった…

                    il||li _| ̄|○ il||li
                    また冬に、買って帰ります。モゴモゴ


                    で、5日、岐阜に着くやいなや
                    母と2人でケーキ屋めぐり。自動車
                    続きを読む >>

                    気になるお土産の反応

                    0


                      連休、とくに予定もなかったし
                      披露宴の打ち合わせとかあるので
                      実家に帰るむねを告げたところ
                      両親は


                      「いいよ、無理しなくて。
                       豚インフルエンザはやってるし豚


                      …岐阜より京都市内のほうが、
                      関西空港帰りの渡航者と接触する
                      可能性の方が高い気もするが…電車


                      「何だったら必要なものだけ
                       送ってくれたら良いし」


                      って、それでは私が困る!ぶー
                      せっかく、らみいのお土産に
                      選んだ犬グルメの品々の反応が
                      ナマで見れないじゃないか。犬
                      続きを読む >>


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << November 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座