<< ブライダル懸念 | main | 信仰と希望と… >>

踊る花嫁〜てんてこ舞いとキリキリ舞い

0



    バイバイと
    手を降り続ける
    改札口

    (下の句誰かつけて)


    披露宴と1,5次会の準備で
    連日遅くなり、
    KKさんとネコ屋敷で

    「あれっ今日も来てたんかいな」
    と顔をあわせながら、

    何度もひざにのってくるチッチ猫
    なだめたり追い立てたりしながら
    終電までねばった日々。電車

    もっと早く準備始めてたんだけど
    具体的にやり出したのは
    2週間前からになってしまい、カレンダー汗

    ほんとだったら2週間前に終わらせて
    あとはのんびりお肌の手入れでも
    するのが理想なんだけど、
    締め切りに追われるように

    「もうすぐ結婚か〜〜プシュー

    なんて感慨にひたるヒマもなく
    ここ数日、眠くて眠くて
    日中、立ちながらも何度も
    意識がとぶし、バスや電車は
    座ったらもちろん爆睡。zzz


    花嫁さんて、結婚前は
    みんな少しやせたりしながらも
    きらきら輝いてオーラ出てるのに

    (今まで見て来た女の子たちは)

    この分だと誓いの言葉の最中に
    立ったまま寝てしまったりして…モゴモゴ


    それはないにしても
    フラフラして、バージンロードで
    ドレスの裾をふんで
    転けたりしないだろうか?



    「今までの式の中で
     転けた花嫁っています?」


    と、けいこ先生に
    たずねたところ、


    「前例はないですバッド


    とキツパリ。ノーノー
    どうしよう、最初で最後の
    歴史に残る人になってしまったら…NO!


    でも準備でクタクタになって
    式当日に倒れて
    パーティーの最中にソファで
    横たわってたという
    ヒガシ先生の奥さんの前例はあるので
    疲れすぎないように、
    とは注意された。困惑







    結婚の準備でいろんな人に
    関わってもらってると、
    自分のダメなところや程度が
    知られて、いやんなる。


    リハーサルメイクに行った時、
    自分はこういう髪型がいい、
    と伝えたつもりでも
    美容師さんの考えと自分の好みが
    違ってた時、


    「いや確かに、顔まわりが
     さみしくなるから
     ペタッとした髪にしないで
     ボリューム持たせてと言ったけど、
     こんなポンデライオンみたいな
     髪型じゃ、嫌っぶー

    っていうのがなかなか伝えられなくて
    最初に自分はこれが譲れん、
    これは嫌い、できるかどうかは別でも
    こうしてほしい〜 ってのを
    ちゃんと伝えきれてないから、


    やってもらっといて後で文句いう、
    というパターンになり
    しどろもどろになってオタオタしてしまう。


    私の髪が細いから巻くと
    ボワボワになり、
    お色直し用のへアセットを
    試してたんだけど、



    「なんか、“巣”みたいですね鳥

    とつぶやいたら、
    美容師さんちょっと
    ムッとさせてしまったかもしれない…


    もういいんだけどね、
    いっそ髪に小鳥の置物さして


    「2人で築く愛の巣を
     体現してみましたポッ


    って、体はって笑いとっても。

    どうせなら幹と根っこもつけて
    ラピュタのシンボルツリーっぽく
    しちゃって、真ん中に
    飛行石を光らせるとか。

    いや新婦がそこまでするならって
    新郎も巨神兵のカッコして
    もうお色直しなのかコスプレなのかって。


    そこまでしてその髪型に
    異議を唱えられたら
    ちゃんと自分の気持ち(?)
    伝わるんだろうけど



    「イメージはこんなんじゃない汗


    「でも新婦さん
     こう言ったじゃないですか怒りマーク


    と、会話が
    ぐるぐる回ってしまい、
    うまいこと伝えられなくて
    なんだか泣きたくなってしまう。


    こういうの、
    マリッジブルーっていうの?スペード
    いや、素の自分が
    表現下手なんだろう…





    19日、久しぶりに
    友達のバイト先に顔を出した。



    「どお?今は忙しいの?
     マリッジブルーとかないの?てれちゃう


    とR(幼なじみ)に聞かれ、

    この結婚に対する迷いはないものの
    結婚式の準備で大変で悩んでるわ、
    とこぼした。



    「当日、楽しみにしてるわ〜。
     控え室とか鏡あるの?

     鏡に向かって座ってる
     ウエディングドレス姿の
     くっちゃんに、鏡ごしに


    『くっちゃん、いいの?
     ほんとに、このまま結婚して…』


    って聞いたら、ハッとした顔で
     沈黙したりするんやね。

     その後バンって
     おばさんがドア開けたら
     口紅で鏡に書き置き残して
     飛び出してるんでしょ。」



    って、あんた
    サスペンスドラマの見すぎ。たらーっ




    今こんなに忙しいのも

    (立ったまま寝るほど疲れる状態って
     大学生の頃にもあったし
     連日睡眠3〜4時間て生活
     経験済みだけどさ、ほら
     あの頃とは体力もちがうやん?)

    自分がやりたいからやってるんだから
    何からも逃げ出す必要ないんだけどね。


    けどポカッと休みたいのも事実…ポロリ
    みんな仕事やりながら、よおやるよね。


    司会を友達に頼むから、
    台本を修正重ねながら書いてたんだけど
    書きながら鉛筆



    「これ無事に終わったら、
     中学校の体育祭とか並に
     達成感と燃えきった感があって
     私らも司会者も相当
     うれしーだろーなー」



    と思い始めたら泣けて来て、
    泣き始めたら止まらなくなるんだけど

    でもその涙って、感謝の思いとか
    結婚にはせる思い入れから来る
    涙ではなく、
    疲れてるから
    このついでに泣いとこう…悲しい

    ってかんじの涙。


    でも自分だけが大変なんじゃなく
    色んな人が2人のために
    準備してくださってることに
    本当に感謝。ラブ






    24日にJ子ちゃんと2人で
    打ち合わせに行ってて、
    戻ってからE口ママとあつろう君と
    4人で晩ご飯食べに行ったら、
    教会から電話がかかってきた。携帯


    私がリクエストした挙式の歌が
    2曲とも、どちらかというと
    教会では告別式で歌われることが多く、


    「あまり結婚式では歌わないから…」

    と村上先生が言葉を濁されながら
    別の結婚式の歌をすすめられた。


    「いつくしみ深き」は
    20日に教会で行われた納棺式でも
    歌った?らしいから
    よけいと教会員のイメージにも
    残ってるからだろう。


    (そういや告別式で使った百合が
     事務室においてあって、てっきり

    結婚式に使う花がもう届いてるのかな、
    予算おさえたとはいえ、
    えらい地味やな〜〜ふぅ〜ん

     と思ってた私…)



    それで、村上先生が提案された曲
    1つはあまり知らなかったため


    「どんな曲でしたっけ…?

    と、目の前にいるJ子ちゃん達に
    たずねようとしたところ
    村上先生が電話の向こうで
    ろうろうと歌い出したので
    びっくりした。カラオケ


    「こういう曲らしいけど、
     この曲にする?」


    と、あつろう君にも聞かせようとして
    思わず


    「先生、もう一回歌ってください」

    と頼んだ。イヒヒ
    で快く2回歌ってくださったのを聞いて
    「全き愛」に変更してもらった。



    そんなかんじで、
    一つ一つの準備に思い入れや
    エピソードがありつつ、

    きっとこんなに忙しくて大変で
    こんなに楽しいのは
    後にも先にも結婚式の時くらいだろう
    と思いながら、あと一日がんばろう。




    コメント
    よくやったよね僕たち。当日楽しみだね。って今日か。
    • あつろう
    • 2009/06/27 2:03 AM
    そんなに遅くなって、何コメントなんてしてるんですか…って、私も更新してたけど;
    • ひらちゃん
    • 2009/06/27 5:24 AM
    まさか結婚式当日に更新しているとは思いませんでした!
    しかも新郎コメントしてるし…。

    まあともかく、ひらちゃん、あつろうさん、ご結婚おめでとうございます!
    お天気にも恵まれ(たぶん:こちらは関東地方)幸せいっぱいですね!今頃披露宴でしょうか?
    …ひらちゃんまさか寝てないですよね?
    私もですが結婚初夜は二人とも爆睡、というのはよくあることなので、今日一日何とかがんばってくださいね〜!
    落ち着いたら結婚式の写真、みせてくださいね♪動画でもいいですよ〜!村上先生のお話も教えてくださいね!
    次の更新を楽しみにしてます!
    • チャコ
    • 2009/06/27 1:01 PM
    チャコさん、挙式日にコメントありがとうございました!!(*^^*)/
    木曜の午後からはずっと晴れてて、当日はカラリとして日差しも強く、暑いくらいでした。とっても良い日になりました♪…って色々エピソードはあるので、また記事にしたいと思います。(2人とも前日、当日寝たのかどうか??も記事の中で明らにする予定…)
    それにしても月曜からずっと、全国的に雨ですね。。
    マイナスイオン効果で雨の音聞きながら今日は昼間も爆睡してましたよ…旅行とまでいかずとも、どこか遊びに行きたいなぁ…
    • かなこ
    • 2009/06/30 12:25 AM
    「いつくしみ深き」って結婚式で歌わないの! うちの結婚式の定番なのに! 告別式賛美とは知らなかったわ! ちなみに都内超有名ホテル挙式もこれが何曲かある結婚式賛美の定番の内の一つだそうです。
    • 真ん中の長くなった川
    • 2009/08/19 11:01 PM
    赤ちゃんのお世話でお忙しい中、コメントありがとうございます♪(^ー^)♪
    そう、チャペル式の結婚式に出た人も「いつくしみ深き」を歌うよーと言ってたし、TVドラマなどで教会のシーンで聖歌隊が歌ってるのもたいていそれですしね。小学校の音楽で習った告別式の時っぽい歌詞の歌が、「世には良き友も」のメロディだったのを教会に来てから知りました。けっこうちまたでも讃美歌、聖歌を耳にする機会ってあるもんですね(クリスマスの時期はどこ行っても…)
    • かなこ
    • 2009/08/20 11:23 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座