<< くだらない本 | main | ブライダル懸念 >>

呼び方

0


    仕事はじめてます。病院


    体力的にグロッキーです。
    精神的にもだんだんとね。
    まあその話しはいづれ
    機会があればするとして、


    経験が少しばかりあるほうが
    全くの新人よりはいいに決まってるが
    前の病院でやってたクセが
    けっこうジャマしたりした。モゴモゴ


    パソコンの入力でも
    今のとこは「F12」が登録だけど
    前のとこではそれは消去キーだったし
    最初とまどった。PC


    あと、とまどったといえば
    患者さんの呼び方。
    前の病院では
    「患者様」
    だったので、名前にも
    「〜様」
    とお呼びしてたのが、


    今のとこの方針は

    「患者さん」
    なので、当然
    「〜さん」
    とお呼びしないといけない。



    最初の4〜5日、

    「〜様」
    って何回もまちがえた。



    ようやく慣れてきたころに
    アノ問題にぶちあたったのよ。




    名前が「さん」さんの場合は
    どう呼ぶのかって。



    たとえば
    「姓:山田 名:さん」
    だと、
    「山田さん 様〜」
    だったら呼びやすいのよ。



    でも敬称が
    「さん」のとこだと
    「山田さん さん〜…」
    って呼ばなきゃいけないよね?

    実際
    「さん」さんて
    いらっしゃるしね。



    この前お会いしたのは

    「佐藤(仮名)スーサン」さん
    だった。


    スーサンて。
    釣りバカ日誌の鈴木社長?
    スーザンさんでもなく
    スーサンさん。

    それに一瞬迷いが生じて、


     「佐藤スーサン…」
    患者さん 「はい女


    って、けっきょく呼び捨て。/(;-_-)



    そんなかんじで(?)
    今 迷ってるのが

    ブログでのハンドルネームを
    どうしよっかな
    って思うわけですよ。パソコン



    「ひらちゃん」
    何がじゃまくさいって、
    敬称つけて

    「ひらちゃんさん」
    って呼ばれること。


    ひらちゃんでええのに。
    やっぱ、
    「ちゃん」だと
    馴れなれしいかんじがするのかな?



    じゃあってハンドルネーム

    「ひらさん」
    にするとですよ、
    恐れていたらきっと誰かは言う、


    「ひらさんさん」

    …お日様のように…おてんき



    そんなわけで、このさい
    本名に変えてしまったら
    どうでしょう?



    でも今までのあたしの人生、
    名前で呼ばれることは
    ほとんどなかった。
    15、16あたしの人生暗かった

    (なぜその歌を知ってる?)


    だから生活の中で
    「かなこさん」
    と呼ばれるのに慣れるまで
    時間かかるだろうし、壁掛時計
    あつろう君と2人の時に
    「かなこちゃん」と呼ばれるから、
    夫婦間と同じ呼び方では
    生々しいような。(#=_=#)



    かといっていきなり私が
    明日からハンドルネーム

    「早苗」
    とかにしたら、どう?
    みんなついて来れる?



    何それ、どっから早苗が?
    あんたの源氏名??

    みたいな
    とまどいの声が噴出しそうで
    これもイマイチ。




    あっじゃあ中高校時代の
    あだ名だったらどう?
    そのほうが私自身抵抗ないし♪


    ってわけで以後、
    ハンドルネームは

    「くっちゃん」にしよかな〜拍手


    …すると、
    みんなからの呼び方は

    「くっちゃんさん」ニコニコ


    …はっ!!唖然
    ダメやん!ムニョムニョ







    でも一番とまどってるのは
    あつろう君のこと
    みんなの前でどう呼んだらいいか。おや?


    結婚式前だから

    「ダンナが」
    っていうわけにもいかんし、

    (諸々の書類の名義変更と
     職場関係は改姓手続きしたけど)

    「彼が」っていうのもイマイチ。

    「先生が」って私が言い慣れないし、

    苗字で呼んでたけど
    自分の親に言う時は変だったか。


    かといって友達と話す時に

    「まさひろさんが」って
    なんか生々しくない?(#▽#)ヾ

    ふだん2人の時は
    まさひろさんて呼ぶから、
    よけいにね。


    そう話してたら
    あつろう君が


    「じゃ僕のことは
     イニシャルで言ったらいいよ、


    『この前、“O”が…』

    っていうふうに。楽しい


    ってたらーっ

    何でそんな友達同士の間で
    イニシャルトーク?汗


    でも結婚したからには、
    私も“O”になるんだってば。




    そう思うと
    ハンドルネームって便利ね。
    誰も普段の会話では

    「あつろう君」
    て呼ばないけどね…。






    コメント
    で、結局ひらちゃんの今後のHNは何に決まったの?
    ネコだからハンドルネームはニャンコでどうだろう。
    • あつろう
    • 2009/06/13 12:18 AM
    才谷君、直接にも何度も確認していただき恐縮です。挙式前後にたくさんの方に「ひらちゃんの今後の呼び名をどうしたらいい??」と聞かれましたが、皆さんが言いやすい呼び名でいいですよ♪

    あつろう君、「ニャンコさん」とか「ニャンちゃん」とか、他の人は言いにくいんではないかと思われますので、HNはもうふつうに名前にしました。あと私がネコだっていうことを他の人は知らないので…またいつか記事にして説明しなければ。。。
    • かなこ
    • 2009/06/30 12:13 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座