<< 社長と会う | main | 加奈Pへ >>

新婚旅行の画策

0


    1.5次会の案内に
    挙式の時間が抜けてました…壁掛時計
    うーわーごめんなさい〜(T_T)あめ

    A立女史のチェック&ご指摘を
    いただいた時点でワッ!
    メルアド知ってる人には
    全て訂正メール送らせてもらいました;
    ケータイ ケータイ ケータイ ケータイ ケータイ ケータイ汗

    まだ出してなかった残り10数名の分は
    全て作り直しました…メールブルー

    (だから投函に時間差ができたのカレンダー


    なんか披露宴て
    自分の間抜けっぷりを
    披露する時ちゃうと思うんやけど…撃沈


    メルアド知らない人たちには
    日曜に直接声かけさせてもらいましたが、
    「あぁそうやね、時間なかったね〜、
     まぁお昼頃とは思ってたよニコニコ

    「何か忙しそうやし
     手作りやし、大変そうやな〜と思ってたらーっ

    「挙式せえへんのかと思ったわイヒヒ



    などと、皆さん苦笑まじりの
    温かい言葉でゆるしてくださいました。



    ええっと、Nちゃん?
    これから結婚準備する時に
    印刷物は多少値が張る気がしても
    自分で作る時間的余裕がなかったら、
    それと後の修正・訂正の手間を考えたら
    会場におまかせしたほうがいいよ☆

    (でもカメラマン代13万て高いと思う…)




    その後、台所で
    Gerden奥さんたちとおしゃべりしてた。

    (Iさんとかもいらっしゃったけど
     文中はG姉の口調に合わせました)

    Gerden奥さん…以下G姉
    (Gerdenさんて?という方は
    才谷君の記事参照)

    ↑これ検索した時に、この翌日の記事ついでに読んで、
    なつかしく思った。

    U田君のブログのコメントとか見ると
    ナンパな人に思われがちだけど
    真面目な人なんだよ、才谷君て。






    G姉「新婚旅行は行かないの?」

    「行かないですねー」

    G姉「えー何でー?」

    「だって中途半端な時季ですしねー、
     旅行計画を立てる気に
     なれないっていうか。」


    (というより結婚式の準備で
     いっぱいいっぱいだから
     そこまで回らないニョロ



    O村のおっちゃん
    「お金がないんやったら
     1.5次会の会費を
     はね上げしたらええんや。


     やっぱり1万円でした
     って訂正文送ったらどうや?」



    「え〜
     「挙式の時間抜けてました」
     の訂正が
     やっと終わったばっかりなのに、
     また訂正し直しですかぁ?汗



    O村「そんならおっちゃんが当日
      集金したるさかい、まかしときお金



    「い…いや、J子ちゃんに頼んでるから
     大丈夫です…パー汗(おまかせしたら
     どうなることやら)」



    ※O村のおっちゃんって誰?
     という方は、こちらこちら参照



    G姉「でもせっかくだし
      新婚旅行行っといたらいいのに〜
      今しか行けないよ、子供できたら…

      一生に一回のことなんだしさ〜」



    そいや、けい子先生にも

    「結婚式の後は、
     2人で楽しい思い出と、
     休息の時を作るようにイケテル


    と言われてたんだけど…


    G姉「大手ふって休めるのなんて
      結婚直後くらいしかないよ。
      あとは盆と正月休みくらいで鏡もち
      フツーのお休みと変わりないじゃん。


     落ち着いてから、って言っても
     半年後とかに旅行休み取りにくいでしょ?

    えっまだ行ってなかったの??』
     って言われたりなんかしてさ。


     誰が何と言おうと、結婚式終わったら
     逃避行しちゃいなよ!飛行機

    (どこからも逃げる必要ないんだけど汗


    O村「そうそう結婚式の日くらい
      どっか泊まるんやろ?ビル



    「泊まりませんよ。
      それぞれの家に帰りますよ。家



    O村「何ゆうとんや、結婚式した日に
      別々てほんなアホなこと!怒り



    「えっ、だって
      持って帰る荷物とかあるし
      どのみち彼が引っ越しするの
      7月入ってからですよ。」



    O村「結婚式した日に
      一緒におらんでどうするんや?!

      今日から2人で共に歩みますって
      みんなの前で宣言した日に
      他の女のとこに行ったらどうすんや女



    「あの、大丈夫ですよ。たらーっ
      家帰って(チッチ猫)に

      チーズあげてますから。」



    O村「もうええわ、そんなもん放って
       ひらパーでも行って来ぃな!ショック



    「ひらパー行くんなら
      どっかホテルのバイキングに
      行きますわてれちゃうディナー

     (やっぱり食にお金使う?)


    O村「あんなぁ、新婚なんやから
      ヒッチハイクせんかい!自動車


      『私たち新婚です』
      ってプラカード両手に持ってやな、
      道ばたに立っとくねん。

      そんで止めてくれた車に
      「行き先どこでもいいです」
      って乗せてもらって、

      着いた田舎で

      「私たち新婚なんです」
      って家々を回ってみい。

      どこか1軒くらい親切な人が
      山や海の幸で
      もてなしてくれるわ。魚



    …っていつの時代の話ですか。たらーっ

    アメリカンドリームとか
    古き良き時代のような。

    今時、お笑いタレントのTV番組でも
    そんなロケしないでしょうに。困惑



    その話をあつろう君にしたら、



    あつろう
    「ヒッチハイクなんて、
     悪い人の車に乗せられて
     マグロ漁船に乗っけられて
     売り飛ばされるよ。NO!
     
     で、そんな境遇にもめげず
     マグロ漁船の中で伝道してたら

     「お前うるさい」
     って海に投げられるんだな。水泳

     海に落ちたらクジラに飲み込まれて、
     3日3晩クジラのお腹にいた後
     どこか陸に吐き出されてやな、
     現代のヨナとして講演して回るんやで。


     『腹黒い僕でしたが、
      クジラに飲み込まれてる間に
      ほら皮膚がこんな真っ白に!』


     って、ちょっと
     体調に異変を来たしつつもたらーっ
     体験談語るために全国から招かれたら
     そのついでに観光もできるやん。イケテル







    でも、こんなこと書いてたら

    「うちの近所で
     見事な富士山が見れます日の出


    と、銭湯の壁画を紹介してくれたり、


    鯨類研究所のチームに

    「船底で良かったら」
    大洋でクジラを見る船旅に
    誘ってくれたり船

    色んな人から情報もらって
    つながりができるかもしれないから
    楽しみに待ってます(?)。




    ※あの、別に困窮してるわけでなく
     会話を楽しんでるだけなので
     ご心配なさらないように;


    ひよ先生、先日は温かいお言葉
     ありがとうございましたm(_ _)m
     北海道行かれてからもブログを
     ご覧くださってるというのが
     何よりもうれしかったです(T_T)
     そんな、ひよ先生の新ブログはnextこちら



    Wっ君が作ってくれた苺ワッフル
    (生地にイチゴジャムが練り込んである)


    コメント
    ひらちゃんさん、わざわざ触れて下さり、新blogも紹介して下さって恐縮しています。

    時々「ハッ」とさせられたり、村上先生やケイコ先生が、こう言ってくれたという言葉に、「なるほど〜」とうなずいています。

    結婚前で、いろいろとお忙しいことと思いますが、体調が支えられますように!

    私はケイコ先生から「夫婦は同じものを食べ、同じ時間に寝ることが大切」とお言葉を頂きました!現在、妻は隣の部屋で1時間前に休んでいます(笑)

    ではでは
    • ひよ
    • 2009/04/30 12:16 AM
    ひよ先生、コメントと毎度ご訪問ありがとうございます♪o(^-^)o
    ひよ先生のブログでも「あぁっそれ私も書こうと思ってた話題!」ということがたびたびあり、どちらが先に☆(星;話題)を拾うか、競争が繰り広げられていたりいなかったり(注;私の脳内で)。

    ところで北海道でしたら、我らがケイコ先生ゆかりの地ですよね!?
    それにしても北見って、また大変な所を…(;-.-)
    ひよ先生ご夫妻も健康が支えられ、新しい地でも神様の豊かな祝福がさらにありますよう、お祈りします!

    ちなみに私は90%くらいの確立で「妻が先に食べ、妻が先に寝る」生活になるんじゃないかと予感してます(^_^:)メッセージのネタにされないよう気をつけます(笑)

    それでは、また。
    • ひらちゃん
    • 2009/04/30 7:08 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座