<< 私はむしろ | main | ジャパン! >>

卒業式

0

    東京シリーズその3




    3/20、早咲きの桜が開花し
    スギの花粉で目のかゆみも
    顕著になってきた頃、桜
    あつろう君のJTJ神学校の
    卒業式が東京で行われた。

    そしてそのJTJが
    上野にあると聞いて
    私も随行することにした。バス

    いや、決してパンダ見るのが
    メインではありませんから。カメラ


    (あつろう君の記事はこちら)

    3/20午前7時東京駅着。
    東京も昨日から雨。雨

    トイレでコンタクトをつけ、
    スーツに着替え、化粧開始。

    化粧室で念入りにマスカラしたり
    粉はたいたりは一般的な光景だが、
    化粧水&乳液をつけて
    下地から取り掛かる。モグモグ汗
    えっそこから?唖然みたいな。
    でも人の出入りの少ない
    駅のトイレで、先に化粧してた
    女の子は、私が隣りに立って
    30分経過しても化粧を続けてた。



    どんだけ〜〜って、鏡の中でお互いの顔を
    見るともなしに見ながら、
    だんだん同志のような連帯感が
    芽生えたりもする。






    7時47分
    東京駅のスタバでモーニング



    新宿と違い、東京駅は
    仕事や旅行の通過点で
    利用する人が多いのか?

    岐阜・名古屋では
    考えられないくらい、
    喫茶店が少ない。



    上野へ着いて
    最初にヒットしたのが

    『パンダ橋』ワッ!


    なんてステキな
    ネーミングー


    今日はスタバで
    モーニングー


    卒業できて
    スマイリングー


    グーググググー



    落ち着いて あたし
    (byエドはるみ)





    東京の気温 ただいま9℃


    しとしと雨が降る
    早朝のパンダ橋に
    人影はまばらです。





    上野駅からJTJまで雨の中、
    案内の方が随所に
    立ってらっしゃいました。URL
    おつかれさまでした。



    JTJは上野の森キリスト教会
    ビルにあります

    卒業式では何曲か賛美したが、
    神学校のテーマソングらしい、
    聖歌の121番
     
    「主イエス・キリスト(生涯)」
    なんとなく宮沢賢治の
    「雨ニモ負ケズ」を朗読してるような
    気分になった。

    「そういう者に
     私もなりたい」

    って。



    「貧しき憂い 生くる悩み
     つぶさになめし この人を見よ

     …全ての物を与えし末、
     死のほか 何も報いられで
     十字架の上に あげられつつ
     敵を赦しし この人を見よ…」



    あつろう君も風邪ひいて
    扁桃腺はらしてましたが、
    咳と熱を耐えながら
    卒業証書を受け取る姿を見て、
    化粧がくずれるくらい
    涙が流れ落ちました。




    式の後は
    岸先生のサックス生演奏、
    記念撮影、昼食会の
    特典つきでした。


    寿司弁当をごちそうになりながら
    いろんな人の証を聞きました。ペン


    ビデオでしか拝見してないので
    この機会にとみんなが
    なぜか兼松先生に集中して
    挨拶に行ってました。パー

    (話しかけやすい&ギリシャ語の
     質問をぶつけるため鉛筆



    昼食会の司会者の方が
    「兼松先生は日本のチベットに
     赴いて活動されてる…」

    と話してて、
    どんな山奥の田舎のことやと
    思って聞いてたら、
    岐阜の各務原のことだった。きのこグリーン汗




    あつろう君も質問&挨拶を
    先生にするため順番待ちしてたが
    兼松先生がみかんの皮をむいて
    口に一房入れるまでの間にも
    3人くらいが話しかけて、
    ゆっくり食事もできなさそうだった。


    でも1人1人にとても丁寧に
    親しみをこめて対応されてた。
    それが人気のあるゆえんだろう。
    兼松先生、日本のチベットで
    お体に気をつけて頑張って下さい。




    東京文化会館


    西洋美術館




    2時には散会となったので
    あとは観光をしていった。

    JTJでいろんな先生や
    生徒たちの話を聞き、
    べつの教会の人とも
    お話しをすることができ
    本当に充実した時間でした。


    私は神学生ではないんだけど、
    思いがけない恵みの時が
    与えられて、感謝です。



    東京国立博物館




    東京駅の
    キャラクターストリート

    ウルトラマンの店の
    名誉店長だそうです


    東京駅にあった
    チョコの模型で
    つくられた売店


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    エド・はるみ
    お笑い界の超若手のエド・はるみについてのサイトです。エド・はるみってお笑いの中では珍しい美貌の持ち主なのに、なぜあんな芸をするのでしょうね?
    • エド・はるみ
    • 2008/04/08 11:54 PM
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座