<< 幸せですか? | main | バレンタイン悲喜こもごも(後編) >>

バレンタイン悲喜こもごも(前編)

0
    久しぶりのろこちゃん

    井川よ、永遠に


    さて、連休だ。♪o('-'o)(o'-')o♪
    バレンタイン準備するには好都合。イヒヒ


    医事課の男性たちには、リーダーが
    みんなの代表して買って来てくれることになり
    金曜日にこっそりお金を徴収してた。お金

    (けど小銭ちゃらちゃら集めながら
     おんなだけでヒソヒソ話してるし、
     オレンジとか知らんふりしてたけど、
     バレバレだなたらーっ


    15人ほどの女性で割り勘して
    男性に1個ずつあげるんだけど、

    特にお世話になってるシャドウさんと
    いちおー入院係チーフのオレンジには
    別にもう1つ買うことにした。チョキ

    で、去年はイエローに買ってきてもらったので
    今年は私が買ってくる( ̄- ̄)ゞ
    名乗りを上げたのだ。


    でも大見得きったわりには
    土曜日の夕方には宅急便が来る予定だったから
    工藤先生の講演会も断念してる状態で
    お出かけできるのか未定。壁掛時計

    日曜日は礼拝行くし、

    月曜日はまりんさんが初めてうちに
    遊びに来てくれる予定だったのでおうち
    チョコ買いに行く時間がない。

    行けるとしたら土曜だったんだけど
    あつろう君が

    才谷君がブログで書いてた
     漫画ミュージアムに、
     ガンダムの監督
     来るってよ(-_☆)V」


    という情報をもたらした。ワッ!


    漫画ミュージアムは私も行ってみたかった。てれちゃう

    けど残念なことに、
    私はガンダム世代(なんだよね?)のわりに
    全くガンダムに対して知識がない。σ^_^; 

    なのでその監督さんが来ると聞いても
    あまりリアクションができなかった。


    例えば阪神の井川の入籍のように

    『ファンにとっては、きっとものすごい
     おおごと!なんだろーな』

    と思いつつも、

    興味なかったら

    『へぇ− ( ̄-  ̄ )』
    くらいのものなのだ。プシュー


    そりゃ井上雄彦(スラムダンクの作者)とか、
    昔愛読した「りぼん」の漫画家が来るなら
    話は別だけど。さくらんぼ


    ガンダムはよく分からないけど
    杉井ギサブローも来る、というので
    ちょっと心動かされ、(- -;)
    昼間に行ってみよーかという話になった。




    余談だけど木曜、珍しく仕事が早く終わって
    みんな定時で上がり、更衣室で着替えながら
    テレビつけてたらテレビジョン

    夕方のニュースで
    井川の結婚のこと報じてた。抱擁


    大の井川ファン・阪神ファンで
    甲子園にも仕事の帰りに1人で
    応援グッズたずさえて試合観に行く野球
    21才のエンジが、
    ニュースを見て
    「えっ…;||/( ̄ロ ̄;)\|||」
    と言ったきり絶句。


    ニュースは次の話題に移っても、
    バスの時間が来ても
    テレビの前にへたりこんだまま固まってた。


    あぁ、井川の結婚がこれ程までに
    ショックを与えるとは…失恋


    「どのみちニューヨーク行って
     手の届かん存在になるんやし、ええやん赤い旗


    「てゆうか、カッコイイ人なんて
     他にもなんぼでもいるのに、何で
     よりによって井川?ふぅ〜ん


    と皆、口々に言ってなぐさめて(?)た。(≧〜≦))


    だれかー、六甲おろし一緒に歌ってあげてー


    ちなみに金曜の朝、彼女いませんでした。病院

    「あれっ?(o'_' o)珍しー、お休み?」

    「遅刻やって。夕べ眠れんかったらしいノーノー

    「えっ…ひょっとして、、
     井川の結婚がショックで?(゚_゚i)汗


    彼女もまだまだ若いんだから
    現実の男性にも目を向けて
    頑張ってほしいなーと思います。困惑


    ねらいを定めて

    結局、土曜日は下鴨へ行ってました。イケテル
    (また随時、写真と記事もアップします♪)


    チョコ買いのミッションは
    無事に果せたのか?!


    後編に続く。

    (「健康診断」もそうだけど
     ちゃんと後編でオチつけてるので
     両方合わせて読んで下さいね♪)


    コメント
    そうですかぁ、そんな予定があったから、AM8:00に京都駅集合ができなかったんですね!?残念でした。来年はぜひ行きましょうよ!!
    井川の入籍・結婚、おめでたいんでしょうが、私も「へぇ〜」くらいしか思わなかった。。。ファンにとっては嬉しい&ショックなんでしょうね(^^;)
    まあまあ、最後まで読みなさい、漫画ミュージアムには結局行かなかったんだよ(下鴨のことはバレンタインの記事の後に書く予定☆)
    さすがお茶の伝道師、情熱の入り方が違いますね〜ホントに休日に朝8時に京都駅出発したなんて(°〜°)来年までには「お茶のイベント?へぇ〜…」よりはアツいリアクションできるくらいに、お茶ブログで勉強させてもらいます★(^_^;)
    そうそう『あまぁ〜い』にコメントしようかと思ったけどね、「世界で1番ほしい物…彼女さんからのチョコでしょ?良かったね〜v(^^*)」って♪
    けどあんまり書くとこの記事のオチがばれるので、ひかえときました…。トラックバックありがとうございました♪
    • ひらちゃん
    • 2007/02/15 9:38 PM
    なんじゃそら!!そんなわかりやすいオチなの?後編期待しています。
    • 才谷龍太郎
    • 2007/02/15 9:50 PM
    井川ね。すごいか阪神してますよね…(;´Д`)。
    すごい下半身してますよね。コントロールよさそうだなあと、いつも思ってます。

    チョコか。
    最近は「男の子にあげるもの」というよりは、女性特有の「あいさつアイテム」と化してますよね。
    女の人って、買い物するときもいろいろイマジネーションふくらむから、買い物がレジャーになっていいなあ。
    才谷君、コメントありがとうございます♪「こ豆や」って確か、カフェでもなかったかい?烏丸三条らへんに…才谷君がブログで書いたお店も有名だから聞いたことはあるけど、どっちも私は行ったことないんだけどねー(ってまたブログにコメントせんと、こっちに書いてしまった…^^:)後編は分かりやすいとゆうより、「なんじゃそら!!」ってカンジだったでしょう?自分でも思いました…(#~_~#)

    ぽくぽくさん、コメントありがとうございます♪実は私、井川の名前は聞いてたけど実際に顔見たのはメジャーリーグへ移籍するってので報道された時が初めてでした、なので恥ずかしながら、あんまり野球選手のこと知らないんですよ…f(^_^*)
    チョコは、お返しが大変だからって廃止してる職場もけっこうあるみたいですよ。私は手づくりしたり色々ラッピングしたりするセンスないんですけど、予算ある時に(←重要。予算ない時には、『レジャー』にはなり得ない…)あげる人のこと思い浮かべて、あの人にはこれ、この人にはそれ、と考えてる時が楽しいですね。もうほぼ自己満足の世界ですけどね☆
    • ひらちゃん
    • 2007/02/18 12:39 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    あまぁ〜い!
    そんじょショコラにはないよ[:ハート:]の巻  昨日はバレンタインデー[:ラブ:]世の男性諸君[:!:]いかがお過ごしになられたでしょうか[:?:]職場の同僚や友達からの義理チョコも嬉しいけど、本当に欲しいものは手に入りましたか[:?:]  もらい過ぎてお返しが大変
    • 才谷君のなんじゃそら!
    • 2007/02/15 8:56 PM
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座