<< 『二十億光年の孤独』 | main | Blue Sky >>

引っ越しました

0
    引越し屋さんの車
    京都の引っ越し屋さん

    「愛されすぎて罪な引っ越し屋」とある通り、
     「五健堂」はなかなか評判はよいが
     このピンクの車が家の前に止まるのが
     はずかしー(*゚艸゚*)、と
     依頼するのをためらう人も。



    春一番が〜掃除したてのサッシの窓に〜♪

    て、冬まっただ中ですが、
    引っ越ししました。家
    住所はそのままで、

    309号室→308号室に
    移動しました。



    年賀状などの際は、よろしくお願いします。
    (って今うちのアパートに
     私含めて2人しかいないから
     ちゃんと届くんだけどねヽ(´▽`)/★)



    1(アン)2(ドゥ)3(トロワ)
    三歩目からは
    1(アン)2(ドゥ)3(トロワ)
    それぞれの道

    私達 歩いて行くんですね
    歩いて行くんですね〜♪
    キャンディーズ「微笑がえし」
     作詞 阿木燿子)




    それはさておき、
    ついでに新しくパソコンも買いました。
    すすめられるがままMac。down
    MAC
    まだネットにもつなげてないし
    使い方も分からないから
    宝の持ち腐れ、今のとこ観賞用です。パソコン


    部屋の片付けがまだ全部は
    終わってないので
    パソ用の机も入れられない状態。汗


    早くMac使いこなせるようになりたいです。mac

    私のための…
    「おめでとうございます。
      このMac Bookは あなたに出逢うために
      作られたのです」

    なんて、うれしーですね♪ラッキー


    ところで1/23は、この浮舟の
    ブログ開設1周年記念日です
    祝

    ★:゚*☆※>o('ー'*)いぇーい(*'ー')o<※☆:゚*★ 


    ほんとは別の記事で書きたかったんだけど
    下書きが間に合わなかったので…



    もう1年、早いものです。
    最初は読者が10人にも満たなかったのに、
    今は毎日の閲覧が10倍以上になりました♪

    いつも見て下さってありがとうございますラブ
    これからもよろしくお願いします(v゚▽^)







    これから1年後は何してるんだろう?
    誰と一緒に時を過ごしているだろう?

    出逢った人、みんな
    かけがえのない人。


    いろんな人と人生を重ねながら、
    私は生かされていく。


    「あれから10年も
     この先 10年も
     
     行きづまり うずくまり 駆けずり回り
     この街に この朝に この掌(てのひら)に
     
     大切なものは何か
     今も 見つけられないよ」


    どう生きていったらいいのか
    分からなくても、
    きっといつか 答えを見つけられると思う。


    生き続けて行く中で、見つけられると思う。



    「あれから10年も
     この先 10年も

     振り向かない 急がない 立ち止まらない
     君だけを 僕だけを 愛したときを 
     今も誇りに想うよ
     ずっと誇りに想うよ…」

     (10years 作詞:渡辺美里)


    コメント
    一周年おめでとうございます。いつも長い記事、作者の苦労を無駄にせず、読ませてもらっています。もう少し短くてもよろしくってよ♪でも、書くこといっぱいあるっていいことですよね〜☆
    才谷君、さっそくコメントありがとうございます☆たぶん、この記事更新してる最中にコメントいただいたので、書き足したとこもう一度読み直してみてね♪
    書くこといっぱいあるってゆーか、書かずにはおれない心境の時もあるんですのよ。「書く」ということでこの1年、自分の心が支えられてきたな〜と改めて思います(’_';)
    • ひらちゃん
    • 2007/01/23 9:16 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座