<< 男の子 女の子 | main | 袖振り合うも多生の縁… >>

四つ子とお別れ

0


    実は子犬を見に、
    2月に1日だけ岐阜に帰ってました。



    その時はまだ子犬たちはあまり動いてなくて
    寝てる姿しか見れなかったので赤ちゃん

    「もうちょっと成長した姿も見たいから
     3月までに、また1度帰ろうかな」

    と悩む私に、


    「そんな、犬ごときで…ノーノー

    と、ダンナにも両親からも止められた。たらーっ


    というわけで親から送って来た写メで
    四つ子ちゃんの様子をお楽しみ下さい。ケータイ




    2月24日
    やったぁ 今日からボク達それぞれのトレーだ
    ※離乳食が始まったばかりの時は
     2匹に1個だった




    2月27日
    何を見てるの?






    1日3食、離乳食をあげ始めたけど
    すぐおっぱいにぶら下がる。犬

    「これ以上、太らせちゃダメ!バッド
     母犬と離して!」


    と、子犬を引き取るブリーダーさんに注意される。






    甥っ子、姪っ子たちも子犬喜んでたラブラブ

    四つ子ちゃん達、
    らみいのもとに生まれてきてくれて
    ありがとうラブ






    四つ子ちゃん達は3月3日にお別れでした。


    子犬達が家にいた時は、らみいも
    姿が見えないとワンワン鳴いて
    そばへ行こうとしたり、
    自分のとこへ子犬を連れて来いと言ったらしいけど

    子犬達がブリーダーさんとこへ巣立つと、
    もう戻って来ないことをちゃんと知ってるのか
    一言も鳴かなかったそうですポロリ

    せつないなぁ…(;_;)


    短い間だったけど、
    立派に4つ子のお母さんを務め上げた
    らみい、おつかれさまでした。拍手


    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座