<< 汝、その名はらみい | main | 男の子 女の子 >>

四つ子ちゃん誕生

0


    みんな元気ぃ〜?

    ごぶさたしてます、らみいです犬


    あたし1月31日に、
    いっぺんに4匹のママになったょ星


    12月頃はもぅ食欲ありまくって、
    これでお腹に子どもがいないんだったら
    どうなるんだってかんじだったけど(笑)

    (かなこさんは子どもいないのに
     何人分も食べてるから、まんまお肉になってるのよ)



    1月のなかごろから、出産にそなえて
    いつも犬小屋で寝てるんだけど寒いから
    台所のすみに箱を持ち込んで、
    そこに入れてもらってたの。おうち


    31日はまだまだ出産予定日じゃなかったから
    あたしがいきんでる時、誰も気づかないで
    お父さんは夕飯食べてて食事
    お母さんはNHKの大河ドラマの予約してたのね。テレビジョン
    余談だけど、『龍馬伝』もいいけど
    『坂の上の雲』も良かったよね。
    お父さんお母さんも観てたけど、
    あつろうさんも欠かさず録画してたのょ。

    あつろうさんは『不毛地帯』も好きでね。
    『坂の上の雲』とあわせて保存版として
    録画してたんだけど、こないだ
    『龍馬伝』をその上から録ってたのよね…
    保存版の「保存」っていうのは数週間でいいのかしら。


    その上かなこさんが『とめはねっ!』を
    録り忘れた週、『不毛地帯』までも見そびれて、
    すっごいくやしそうだったワン。
    夫婦して不毛地帯な週だったそうよ。





    話は戻して、とにかく

    「あれっ産まれとるやん!!びっくり

    って驚かれるほど、安産だったワケ。


    お母さんがお風呂入ってる間に
    2匹目も生まれて、順調だったの。桜


    犬だって難産の場合は
    6時間くらいかかったという話もあるから、
    ホント無事に生まれてよかった♪壁掛時計


    あんまりスムーズに生んだから
    3匹目はあたしの体で隠しちゃってて
    お母さんも気づけなくて、

    まだ袋状の膜につつまれたまんま
    あたしもついつい放ったらかしちゃってて、
    あぶなかったわ。プシュー


    せっせと3匹のお世話してるうちに
    ようやく最後の子も出て来たんだけど、
    レントゲンで見た時は1匹だけ
    別の方見てたらしいから、
    この子だけ「逆子」だったのかも?


    死産になる場合だってもちろんあるから
    (弱い子はお世話せず見捨てるわよ。
     それが犬の本能らしいの)
    みんな元気でよかったよ=ラブ




    でもね〜、
    産まれるの待ち構えてたわけじゃないし
    お父さんもお母さんも
    どの子が1番目に生まれて…
    って、順番をチェックするのを失念しちゃってね。


    だからどの子が長子で、末っ子なのか
    分かんないのよね…ピピピ


    ま、とにかく皆さんにご挨拶なさい。

    元気に育つよう、応援してねさくらんぼ




    初めまして、2姫、2太郎です。


    冒頭の写真でおっぱいがパンパンになってる
    らみい、食事とトイレの時は抱っこされて
    外へ出るけど、ずっと台所の箱の中で
    子犬のお世話してるそうです。


    父や母が子どもをさわっても
    怒ったりしないらしい…


    それどころか、
    台所に入れてもらったの初めてだから
    人間の食事の準備してるとニオイが気になって
    子どもほったらかして、立ち上がって
    ソワソワと母の動きを見つめている…おでんニコニコ

    こらっ、ご飯は気にしなくていいから
    子育てに戻りなさいっ




    それでは、そんならみいを見守る
    山のおやじの感想で締めさせていただきます。




    本能って、凄いねラミィちゃん

    出産時、出て来た胎盤などもあっという間に食べて
    羊水や出血もなめてキレイにするし、
    ヘソの緒も食いちぎって、敷物の汚れまで取ったよ。
    あんたは偉い







    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座