<< マークと再会、その時… | main | 四つ子ちゃん誕生 >>

汝、その名はらみい

0

    あれ?いつの間に金魚が??

    11月の連休に帰った時に、
    実家の飼い犬らみいの小屋の上に
    水槽が置いてました。


    「最初は5匹くらいだったんだけど
     あっという間に1匹になっちゃって」


    とのこと。
    金魚も案外(育てるの)むずかしいのね。
    でもこれでらみいも秋の夜長、寂しくないね。



    さて、どれが本物の金魚でしょう?



    この正月、結婚して初めて2人で
    岐阜に帰ったのですが
    ダンナがこの水槽を見て一言


    「あれっいつの間にカルビの所に金魚が」




    カルビらみいのことを指してるのだと
    分かるまで、ちょっと時間がかかりました。



    さて岐阜は積雪40センチ程だったので
    山のおやじと2人、雪かきに励むあつろう。雪


    一緒に外へ出せと騒ぐらみいにリードをつけ、
    雪かきが終わったあつろうの元へ。
    ついでに散歩に連れて行ってもらう魂胆。イヒヒ


    犬は雪が好きっていうけど
    寒さも何のその、
    積み上げた雪に顔をつっこんで
    パクパク食べるらみい。犬



    「サラミ、雪食べてるけど大丈夫?」



    あれっ…おかしいな、
    あつろうには過去に3回くらいは
    らみい一緒に散歩させたこともあるはずなのに…

    ていうか私のブログ読んでたら
    名前お…おぼえてる…よね??汗?



    車のわだち以外は雪で埋もれてる道路を
    散歩させるのもキケン、と思いつつ
    らみいが強い意志を持って歩くので
    それに従って雪道を歩く2人。ピピピ


    カチンカチンに凍った沼を見て


    「あの上を歩いて氷が割れて、
     『信仰が薄い人だな』って言われても
     困るよね」


    などと言いながら雪景色を堪能し、
    家に戻って来たらまず
    ぬれた足をふかなきゃいけない。

    タオルで一本一本ふくんだけど
    じゃれついて落ち着きのないらみい。




    「こらこらジョリー、あばれるんじゃない」


    もう、このへんまで来たらダンナも
    わざと違う名前を言ってるんだと分かりました…



    というわけで、今年も
    らみいとダンナ共々
    よろしくお願い致します。日の出



    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
    3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
    羽海野 チカ
    森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
    recommend
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
    エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐々木 譲
    2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
    recommend
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
    リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
    recommend
    バガボンド(31)(モーニングKC)
    バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
    井上 雄彦
    人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
    recommend
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
    おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
    佐藤 初女
    物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
    自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座