仕事おさめ

0


    4月15日をもって
    4年間お世話になった職場を
    辞めることになりました。

    引き継ぎは1月からしてたし
    今週月曜日から完全に担当を外れて
    残務処理をしてたので
    心の準備はできてましたが、
    みんなの方がまだ実感わかないのか


    「明日も来てそうやな」

    って笑われながらも、
    お世話になった色々な人にご挨拶できたし
    円満に退職でき…たと思う…冷や汗

    (不備があって呼び出しくらったりしてニョロ

    昨日ガーネットさんにCD&お手紙いただいて
    その時点ですでにうるうる…悲しい
    今日は泣くのこらえてましたが。
    続きを読む >>

    大事なことはお早めに

    0

      桑の実

      先日、トイレに立って
      鏡を見たらなんと!

      400円のマスカラがとれて
      上下まぶたに点々と
      模様を描いてるじゃない!唖然

      しまった〜朝、時間がなくて
      トップコートを塗るのを
      省略したのがイカンかったか〜、

      と嘆息しながら指でごしごし
      こすりとった。


      くそーオレンジ男(隣に座ってる)、
      ブラウスのえりが曲がってる時は
      即座に教えてくれるのに、


      マスカラが落ちてるなんて
      こんな大事なこと、もっと早く
      言ってくれよ〜ムニョムニョ

      と逆恨みしながら席に戻ったら、
      続きを読む >>

      心に残る人

      0
        いやしっくま
        ↑小児科のアイドル


        定時を過ぎても仕事が残ってて
        早いとこやっつけようグー
        黙々とパソコンに向かってたら、


        オレンジがただならぬ様子で
        オリーブ君と話しをしてるので
        何事かと思ったら、おや?

        オリーブ君が読んでる病院雑誌に、
        オレンジが心酔してやまない
        小室(哲哉)がのっているという。

        さっそくオリーブ君に頼んで
        雑誌を借りてきたオレンジ。


        女の子より長いまつ毛に
        ふちどられた大きな目を

        (三白眼の私より
        黒目がデカい。きいーっ。)

        見開きながら読みふけってた。読書

        男「あの人(小室)が九州の
         病院で慰問活動してるのは
         知ってたけど病院
        続きを読む >>

        秋の気になる雲行き

        0
          天高く‥

          9月最終週まではとにかく残暑で
          いつまで夏が続くかと思ったのに
          朝夕が冷え出したり
          空がぐんぐん高くなって、
          ついでにガソリン代も値上がりして
          レッドは車通勤から自転車へ変え、
          10月入った途端にようやく
          秋になった京都。


          でも、もっぱら気にかかって
          毎朝のTVでチェック入れてたのは
          秋のトレンド情報ではなく、

          巨人か阪神か中日か、
          どこが優勝するか
          ということ。
          続きを読む >>

          捕り物帳、ふたたび

          0
            畑のとうもろこし
            トウモロコシが大きくなったワン

            ※前回の捕り物帳はこちら
            6月:ムカデ騒動

            7月:クモ騒動

            9月:いろいろ 


            昼休み、医事課に聴きなれない音楽が
            響き渡る。おや?


            「誰?予約電話の呼び出し音を
             『白い巨塔』のテーマソングに
             変えたのは?たらーっ

            と笑いながら辺りを見回してると、

            「あっムカデ」
            というリーダーの小さな悲鳴に
            平和はかき消された。ワッ!
            続きを読む >>

            昼ドラ

            0
              ちょうちょ


              今日は休憩室の話題。

              同じ職場の27〜36才の
              お姉さま方(ママさん)の関心事は、


              子供のこと、子供
              ヘルシーで美味しい
              手作り弁当のメニュー、おにぎり
              有名店の取り寄せスイーツ、ケーキ
              いかに節約して新しい
              ブランドのカバンを買うか、お金

              そして昼ドラの展開。テレビジョン


              8チャン(関西テレビ系列)はどろどろ系。
              こういうのは私は見てて辛くなるので
              食事時にやるもんじゃないと思う。ムニョムニョ

              でも偽りの花園を見てた時、
              金持ちのお父さんが言ったセリフで
              おやっひらめきと興味をそそった。


              それは共産主義の運動に携わって
              家出していた息子が何年かぶりに
              顔を見せに来て、家族そろって
              ともに食卓についた場面での言葉、
              続きを読む >>

              医療系テレビ番組

              0
                毎年5月は
                木香バラが今年も満開だワン


                もひとつ薄着にしようか
                迷ってたら昼間は
                夏のように日が照りつけ、晴れ

                風呂場に服のまま入って
                汗ばむような嫌な暑さになった。ピピピ
                電車の中は冷房が入った。電車


                そんな夜、帰ってきて夕飯を食べながら
                テレビをつけてみると、
                某医療系番組がやっていた。テレビジョン


                白身魚のあんかけを食べながら
                最初の症状が現れてからだんだん
                進行していく様子のVTRを見ていた。モグモグ食事


                「あ〜これ神経内科的な病気じゃない?
                 この症状って、もしかしてひょっとして
                 MS(多発性硬化症)やん。ひらめき
                続きを読む >>

                野球シーズンです…ね

                0
                  春だなあ

                  4月7日、京都教会と御影教会の
                  有志チームの野球試合があった。

                  結果は4対15で惜敗。

                  ところがそれに懲りず(?)
                  6月に再び試合の日程が組まれた



                  「また今度、あるんでしょ?
                  屈辱戦。」



                  今回は仕事のため応援に行けなかったので
                  あつろう君に聞いてみた時、
                  うっかりてれちゃう口をすべらせてしまった。



                  「く、屈辱って…唖然スペード


                  「じゃない、雪辱戦やろ…たらーっ
                   分かってるよ、今度は名誉挽回、

                   恥を雪(すす)ぐんでしょ…汗
                   


                  決して日本語を知らないわけではないが
                  野球に関してはほとんど知識がないのは事実。



                  そもそも試合の話が持ち上がった時も、

                  「え〜私、ルールよく分からんのに…困惑
                  ともらしたら、あつろう君が目をむいて

                  「ひらちゃん、よもや試合に出るなんて
                   考えてるんじゃ…びっくり

                  と声を低めて聞いたから、
                  続きを読む >>

                  言葉を贈る

                  0
                    久しぶりのナナちゃん
                    すっかり大きくなったナナちゃん


                    今年の3/14はスペシャルホワイトデーで
                    去年の6月の監査?の入院レセプトの
                    ミスが近畿の同じ系列の病院の中で
                    1番少なかったということで、病院

                    上の人たちが大盤振る舞いで
                    ダンボール1箱、大量にお菓子を
                    どーんとワッ!お返ししてくれた。


                    ふつうにホワイトデーのお返しにとプレゼント
                    アケクレさんとサントさんとナンボさんから
                    いただいたお菓子もある上に、


                    ホワイトが車あてられた事故の
                    相手からもらったという自動車
                    バイカルの焼き菓子の詰め合せ
                    (クッキー・ダコワーズ)もあるし、
                    もうお菓子の国のよう。赤りんご赤りんご


                    夢の国でないことは、
                    それらを食べ終わる頃には
                    着実に脂肪に変わっていた
                    現実から分かるが…失恋
                    続きを読む >>

                    お世話になったあの方に・後編

                    0
                      庭先で寝るらみい
                      春はやっぱり眠いよ〜(´Q`)zZZ

                      〔花粉症で頭が
                       ボ〜ッとしてたんです〕



                      「この前の火曜日、
                       お昼に私が帰る前に話したやん。
                       (詳しくは前編参照)
                      私がイエローに

                       “よかったら近くの店で
                        お菓子買ってきてくれん?
                        もしなかったら私買うけど…”

                       ってつもりで話してた。
                       それは覚えてる?(* ̄o ̄)ゝ」


                      「それは横で聞いてたけど、

                       じゃあコーヒーだけにして
                       お金の割合を多く
                      …なんて
                       オレは言ってへんで。 (゜〜゜) 」


                      「けど結果的にはイエローも
                       お菓子買ってきてないやん。

                       もうコーヒーだけでええんちゃう?
                      ってオレンジが言ったから…」
                       

                      「オレ(←甘い物好き)
                      お菓子はいらん、なんて 
                       ザンコクなこと言うわけがない!
                      (;`O´)o」



                      「いーや言いました!でなきゃ私だって
                       あんな大きいコーヒー買わんと
                       お菓子買ったよ!#ノ >_<)ノ ┷┷」


                      どっちも頑固だから
                      ゆずらない。

                      続きを読む >>


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座