初夏のお散歩

0

    「お散歩行くの?!」の顔


    6日は実家で姪をあずかったので子供
    昼ご飯を食べてから一緒に
    らみいも連れて散歩に行くことに。

    連日、雨が降ってて
    散歩に行ってなかったので
    大はしゃぎで闊歩するらみい。ラッキー



    雨に洗われた空、五月の風、
    緑の海原のような麦畑、
    道ばたのシロツメクサと
    まむし… 
    まむし?!”

    続きを読む >>

    岐阜のケーキ屋さん

    0


      本来なら
      「食べてみたかっただけ」の
      カテゴリーのはずの内容だけど、

      京都から発信するのにかぎりなく
      限定された人しか(浮舟の読者では)
      分からない岐阜の情報なので
      こちらのカテでアップします。



      帰る前、母に京都のお土産の
      リクエストを聞いたら、

      「ダックワーズ」だと。
      抹茶クリームはさんだやつね…


      いつぞやのリベンジ!
      アンテノールでなく
      意気込んで菓子職人に行ったら、
      売ってなかった…

      il||li _| ̄|○ il||li
      また冬に、買って帰ります。モゴモゴ


      で、5日、岐阜に着くやいなや
      母と2人でケーキ屋めぐり。自動車
      続きを読む >>

      正月休み

      0


        大晦日(「年越しソバを食べに」
        の続きで、元日も集計が残ってて
        結局岐阜へ帰ったのは2日からでした。ムニョムニョ

        JR快速だと
        京都〜米原が1時間くらい、
        米原〜大垣が40分、だから
        京都駅→岐阜駅まで2時間てとこ。壁掛時計

        旅行や帰省客や
        途中から名古屋のバーゲンへ向かう
        学生たちが乗ってましたが電車
        2日の昼頃というのは思ったほど
        人は少なく、ずっと座って行けました。チョキ


        (昼ご飯は冒頭の写真の
         マネケンの焼ワッフル。
         抹茶とチョコとアーモンドを買って
         電車の中で食べてました)


        ちなみに今回お土産に選んだのはこれ↓



        続きを読む >>

        実のなる木の話

        0

          <皇帝ダリアその後>
          12月1日
          まだつぼみもたくさんあったのに
          霜が降ったらいっぺんに
          しおれてしまった。ムニョムニョ
          根元あたりから切り取り、
          来年の為に、株元を籾殻、藁で防寒。雪
          (by 山のおやじ)




          実家から野菜を送ってもらった。
          その中に庭でとれたという柚子が
          わんさか入ってた。


          「もうすぐ冬至だし、
           柚子風呂に使うとか温泉
           柚子味噌を作るとか。食事


          と母より、
          瓶詰めされたこってりおいしそうな
          柚子味噌と、そのレシピも入ってた。

           
          続きを読む >>

          皇帝ダリア、咲いた

          0


            なかなかブログ更新できません…

            一つの記事がどんどん×3長くなって
            まとまらない…
            そんな完結できない記事が
            4つほど同時進行であり、
            写真の量が膨大で画像整理しさえすれば
            アップできる記事が10ほどあり、
            骨組みはできたけど内装が整ってないのが
            30ほど下書き状態で、ある…。汗

            神様、私に短時間で文章をまとめる
            チカラを与えてください…ムニョムニョ

            とりあえず月も変わったので
            最近のダリアの写真をアップします。
            (撮影:山のおやじカメラ



            続きを読む >>

            11月の帰省と秋の土産

            0


              この時期になるとあの記事(忘年会)
              閲覧数ダントツ1位になる…
              読み返してみたら、
              あぁそんな頃もあったなと懐かしい。



              ※これは2007年の11月の帰省話です


              JR京都駅〜米原まで快速で行き、電車
              名古屋行に乗り換えて
              岐阜へ帰るのがいつものルート。

              待ち時間が長いので
              家へのお土産を開封し
              自分の分を先にいただく。



              抹茶芋あん


              そうこうしてるうちに
              しらさぎが来ました。

              昔はこれで岐阜〜金沢まで
              行ってたのよ。雪

              続きを読む >>

              9月と時計草

              0

                ↑再び菓子職人のケーキ


                今日は妹の誕生日、
                おめでと〜拍手ケーキ2拍手




                またこれだけだと
                山のおやじがこけるのでイヒヒ
                トケイソウの記事をアップします。




                2007年のトケイソウの記事はこちらdown
                トケイソウ


                ※これからちょっとずつ
                 過去記事(2007年9月〜)も
                 アップしていきます。

                 でも今年の7月〜の記事も
                 早くアップしないと季節が変わり 
                 上げづらくなって、来年の夏…
                 なんてことになりそうなので、
                 
                 「過去」と「つい最近」と
                 「現在」を織りまぜながら
                 更新していきたいと思います。


                でも今週は仕事が忙しくなるのと
                家の用事もいろいろあるので
                しばらく更新できないかもしれませんが;

                続きを読む >>

                ハッピーバースデ→

                0

                  菓子職人のケーキ


                  8月18日
                  山のおやじさん、
                  お誕生日おめでとうございます。拍手


                  星 星 星 ケーキ2 星 星 星


                  今年は何も贈れなくて
                  ごめんなさい。汗


                  62歳を祝して、京都で
                  ケーキ食べておきます。モグモグプレゼント

                  (ただ自分が食べたかった
                   だけなんじゃ…)


                  岐阜の楽しみと、お見舞い

                  0



                    夏に帰省するたび、
                    喫茶店夢元亭
                    「冷やし珈琲」を
                    飲もうと思いつつ、
                    果たせない…ムニョムニョ



                    いちおう店の前までは
                    行ってみたものの(←いちおうね)
                    意外と混んでたので
                    やめといた。


                    (夢元亭のすぐ近くに
                     高校生の時に1度だけ行った
                     パン屋ペイザンがあるのを発見。ひらめき
                     こんな所にあったのか〜)



                    でも岐阜で一番行きたいとこは
                    DOLCI cafe'(ドルチカフェ)
                    (高校時代からのお気に入りカフェホットコーヒー

                    写真がないのが残念です。







                    続きを読む >>

                    岐阜の手作り

                    0

                      やまもものジャムとアイス


                      家から宅急便が送られてきた。
                      (7/5 の話)大量の野菜と
                      手作りのものがいろいろ。


                      その中で目をひいたのは
                      これまた大量の

                      キュウリのきゅうちゃんと
                      やまもものジャム。ワッ!



                      きゅうちゃん(手作り)は、
                      6月に帰った時に
                      少し持たせてもらってたから
                      おいしかったのは知ってるし
                      小瓶に分けてあったので
                      SS教師のみなさんにおすそわけした。


                      家で大量にとれる
                      長くて太いきゅうりを
                      こういう形で消費できるとは。!てれちゃう

                      作り方は叔母に教えてもらったらしい。
                      そのレシピを参考までに、母に
                      FAXしてもらったけど、

                      …意外と手間がかかるので
                      また来年、家で作ったのを
                      いただいたほうが良さげ…



                      梅干しも自分ちの
                      続きを読む >>


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座