キルフェ ボン 京都店

0


    ハート専門店の後に
    やっぱ甘い物食べて帰らなきゃねと
    寄ってったのが木屋町三条にある
    キルフェ ボン

    高瀬川沿いにあり
    ポジションもいいのか
    いつ通りかかっても
    むちゃくちゃ混んでるのでワッ!
    敬遠してたけど、

    いつも通勤の途中で拾い読みする
    求人情報誌に
    何ヶ月かずっと
    募集がのってたので


    「忙しいお店なんだろうな…たらーっ

    と印象に残ってた。
    続きを読む >>

    お取り寄せスイーツ情報2007

    0


      2007年シリーズ最後の記事は
      きわめてどうでもいいレポート。たらーっ

      インターネットで取り寄せした
      スイーツ特集です。パソコン


      ※やっと2007年の分が終わったので
       次回は2008年7月〜の記事を
       徐々にアップしていきます。グー

       えっ2009年入って最近も
       いろいろネタあるくせにって?
       まぁ順番にね…汗



      まず最初は、岐阜県中津川市に
      本社がある
      新杵堂



      続きを読む >>

      冬の抹茶スイーツ(伊藤久右衛門)

      0


        2007年12月5日
        伊藤久右衛門で抹茶スイーツ取り寄せ
        第2弾をいたしました。


        前回の記事はこちら
        「夏の抹茶スイーツ 伊藤久右衛門」
        up第1弾を書いたのは2007年秋、
         取り寄せ自体は夏にしました)



        どんな味だったか、詳細を書いてた
        下書きを消してしまったので
        今となってはおぼろげですが。。ふぅ〜ん



        まずは
        「みどりあはせ」

        続きを読む >>

        冬のケーキ特集(2007年京都)

        0

          upこのタイプのベイグドチーズケーキが
          あらゆるチーズケーキの中で
          いっちゃん好きラブラブ

          (写真は「バイカル」のケーキ)


          写真を整理してたら、アップしてないのが
          出てくる出てくる。ひらめき


          イートインしてないので
          そんなに語る内容はなく
          画像のみの記事になりますがケーキ

          (というか食べた記憶が古すぎて
           詳細を忘れた…ムニョムニョ
           店名と画像を間違えてたらごめんよ汗

          2007年冬に食べたお菓子を一挙公開。ラッキーパソコン
          (一日で食べたわけではないよたらーっ


          まずは金閣寺を見に行った後、
          きぬかけの路をてくてく歩いて行った

          「まざあぐうす」。
          続きを読む >>

          ル・デッサン

          0


            婚約式後の両家の顔合わせを
            かねた食事の場所に選んだのは、


            「ル・デッサン」

            こじんまりとした
            カジュアルフレンチのお店です。


            駐車場がないのが難だけど、
            バスなら西大路松原で降りたらいいし
            西大路五条、または
            西大路四条(西院駅)から
            歩いて行けなくもないです。


            8年ほど前に行った時は
            イタリアンのお店だったけど、
            違うオーナーなのかな?
            店内は落ち着いた、可愛らしい装飾です。

            続きを読む >>

            牛がうまい

            0


              7月のアクセス数
              (一ヶ月のトータル)は
              初めてケタ超えして
              10,494でした。w(’ 。’)オオーッ

              一番人気あったページは
              「たわわちゃん」!

              ちなみに検索文字 ランキング1位は
              「読書感想文」でした。
              (やはりこの時期になると…)


              8月(まだ2日だけど)の
              ページ別アクセス数1位は、
              なぜかこの時期なのに
              「卒業式」です(?_?)
              (記事はJTJの卒業式ね)

              ちなみにリンク元はというと、
              ながさわ先生のブログ
              しのぎをけずってるのが
              食べ物ブログから。

              というわけでたくさんの人に
              「浮舟」を見ていただくために、せっせと
              グルメ記事を書いてるのである。
              (いやたんに食べるのが好きなだけ…)



              さて今日ご紹介するのは
              西院にある焼き肉屋さん、
              「牛がうまい」

              続きを読む >>

              喫茶ソワレ

              0


                uo-piさんと
                買い物で歩き疲れたので
                ちょっと休もうと、喫茶店を探す。


                ほんとは「みゅーず」に
                行きたかったんだけど、
                実は数年前に閉店していたらしい。ポロリ


                その時は知らなかったので

                「あれ?たぶんこのへん…おや?
                とうろうろして、よけい疲れて
                とりあえずもうここにしない?
                と入ったのが、喫茶ソワレホットコーヒー



                河原町の古い喫茶店は、数年前に
                京都生まれのKY先生に

                「築地」に連れて行って
                もらったことはある。


                あそこも昭和初期の小説なんかに
                出てきそうなクラシカルな店だけど、
                このソワレもかなりの確率で
                京都のガイドブックに載っている。


                続きを読む >>

                SARAでバイキング〜クリーム出し過ぎ注意

                0



                  7月5日、uo-piさんと
                  河原町で働くAちゃんの店に
                  ひやかしに行こうとおちあい、
                  まずはお買い物の前にランチ。ディナー


                  ずうっと前、土曜の夜に
                  COCONの中にある
                  ザ・ビュッフェスタイルサラへ行ったら
                  2時間待ちだったのでワッ!
                  断念したが、


                  今回は11時のランチタイムの
                  20分前くらいから並ぶという
                  気合いの入れよう。イヒヒ
                  当然、1番乗り。チョキ





                  大人1600円で和洋いろいろ、
                  種類も豊富だけど何より
                  デザートもふんだんにあるのが
                  すばらしい。(・_<)bグッ!


                  続きを読む >>

                  ます寿司

                  0


                    6月12日、あつろう君から
                    ます寿司をいただいた。



                    あつろう君はご近所にお住まいの
                    Yさんからいただいたらしい。


                    Yさんとは私はあまり面識ないんだけど、
                    ネコちゃんの飼い主のKさん夫妻を
                    下の名前で呼ぶほどのワッ!
                    教会の草創期からいらっしゃる大先輩。


                    あつろう君のことを

                    「息子ができたみたいだ」

                    何かと可愛がって下さるという。

                    (Yさんはあと2年ほどで90歳。
                     息子…?たらーっ



                    で、Yさんのご親戚が
                    富山から送ってくださったという
                    ます寿司を、私もお相伴にあずかる。


                    続きを読む >>

                    さらさ3でバースデー

                    0


                      ※過去の出来事を思いついた順に
                       写真整理して記事にしてます




                      5月12日、あつろう君を誘って
                      三条商店街はさらさ3にやってきた。


                      (前回のさらさ3の記事はこちら)


                      教会から行くならば13系統のバスで
                      堀川四条より徒歩10分、
                      もしくは地下鉄二条城駅、
                      阪急大宮駅からも歩いて
                      行ける距離です。ジョギング


                      続きを読む >>


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座