ユースアライブクリスマス2007

0

    ※これは2007年のクリスマス話です


    ユースアライブ(中高生が中心の礼拝)
    のクリスマスは
    スイーツパーティーを!

    というWっ君の提案で、
    この時に試作はしたんだけど
    持ち帰り用ではなくその場で
    バイキング式に食べれるように
    ケーキを準備しました。ケーキ2


    22日の午後から教会の台所で、
    総勢4名でこねこね、焼き焼き。



    続きを読む >>

    カップケーキ作り(試作)

    0
      レーズン入り

      クリスマスリースにマフィンを
      作ったらどうやろうひらめきという
      Wっ君の思いつきで、
      10月の土曜日に教会で
      カップケーキ作りの練習をした。ケーキ


      Wっ君の家にある材料と
      私が買ってきたものとを持ち寄り、
      ごくごく仲間内だけで試作する。


      Wっ君の手
      続きを読む >>

      質志鍾乳洞・後編

      0
        せまい入口
        これは質志鍾乳洞・前編の続きです


        鍾乳洞に行く時の
        注意事項;


        中はひんやり涼しい
        天然クーラーなので、
        はおれる上着があると
        よいでしょう。


        そしてヒール・サンダルは
        やめときましょう。
        ごつごつの岩の上を歩くし、
        地面もかべもぬれてて
        すべるから危険です。


        危険だそうです
        続きを読む >>

        質志鍾乳洞・前編

        0
          橋の上から

          夏休みだからどっか行こうよ
          なぁなぁ連れてって〜船
          Wっ君が言い出したのを皮切りに
          中高生とどこか行こうか〜
          という話になった。


          最初は花火を見に行こうイケテル
          という話で盛り上がって、

          じゃぁびわ湖花火大会に行こう!
          と、めっちゃ乗り気だったんだけど
          宇治もびわ湖も、花火は
          どれも今年は平日なので
          大人が動けない。バッド

          どこ行くかさんざん話して
          Wっ君が

          「鍾乳洞行きたい」
          と言ってたので、
          Nちゃんとながさわ先生とで
          質志鍾乳洞公園への行き方を
          調べてもらった。パソコン
          続きを読む >>

          ほたる

          0
            はるじょおん

            ユースアライブの後、教会の和室でくつろいでたら、
            ながさわ先生の息子さんのみー君が語り始めた。


            みー君「あんな、蛍はメスの方が大きいんやで。」

            ひらちゃん「へー、オスよりもメスの方が大きいの?」

            みー君「そうやで、卵持ってるから。
                それとな、オスの方が光が強いんやで。
                
                何でかっていうと、光るとこは黄色なんやけど、
                メスは赤色のとこがあって黄色いのが
            1個しかないの。
                
                オスはおしりがみんな黄色いんやで。」


            身振り手振りを交えて(おしりを指したり)
            熱弁をふるう、みー君5歳。


            ひらちゃん「へえ〜知らんかったわ。オスの方が
                  いっぱい光るんやねぇ。」
            続きを読む >>

            3/5「一緒にいたい!」と、4/5「ひとりぼっち」の感想

            0
              京かのこ

              監督、ということで長澤先生は話されました。

              「いい監督と出会えるかどうかは、その選手生命を左右するものになりかねない」

              自分ひとりではオリンピックへ行くことができない、
              メダルは決してその選手1人で獲得したものではなく、
              陰に共に歩んできた素晴らしい監督の指導・叱咤激励などがあったからこそ、だと。

              いい選手は
              「その指導者(コーチ)がいるから」
              と、大学を選び、企業を選ぶ。
              どんなにいい選手であっても、自分ひとりでは成長できないから。

              そのくらい指導者は大切なもの、ということに気づかされたと同時に、良い指導者から教えていただく時間も貴重なものだということにハッとしました。

              人生の中で、いったい何年の間、師と過ごす時間が与えられているのか分からない。
              まだまだ時間はある、と思っていたら先生が異動になったり、天に召されてしまう
              (おっと勝手に…)事だってないとはいいきれないし、逆に自分の都合で京都にいられなくなってしまうかもしれないじゃない。

              もっともっと、今という時間、自分のやりたいと思うことだけやるのではなく、師から少しでも多くのことを学ぼうと食いついていくことも必要だなぁと思いました。
              というわけで、もっと日曜の礼拝の時間を重要視しなければ…。)
              続きを読む >>

              「知ってるつもり」のメッセージから

              0
                十二単衣

                今日のユースアライブのメッセージで、長澤先生が
                「息子・勇矢の前夜式で、人目をはばからず声を上げて泣いて下さった方がいらっしゃいました。
                実は、私たち夫婦にとって、そのことはずいぶん慰めになりました。…」

                ということを言われましたが、


                それ、私のことやんΣ( ̄▽ ̄*)

                実はあの時、あの場でただ1人泣き出してしまった私を、その後泣き止むまで色んな人が慰めて下さったのです…(恥)。

                その時、おそらく村上先生だと思いますが、席に戻ってもなお嗚咽し続けている私の肩に、そっと手をおいて下さったことが忘れられません。
                続きを読む >>

                「ぎりぎりまで」2006年3/16のメッセージ

                0
                  ヒュウガミズキ

                  名残り雪で、咲き出した日向水木も、ぶるぶる。

                  長澤先生、コメント(『免許更新』に)ありがとうございます。
                  「ぎりぎりで人の真価が問われる」
                  ということで、メッセージの間に感じたことを書き添えてみたいと思います。


                  「人の真価が問われる時」
                  以前、朝の礼拝で創世記44章からメッセージされた時には、
                  「自分の身近な者が過ちを犯した時」
                  と言われました。

                  末の弟のベニヤミンが、盗みを働いて恩をあだで返すような罪を犯した…と思った時、兄弟たちは
                  「こいつ1人が犯したことで、私たちは知りません。
                  関係ありません。」
                  とは言わず、
                  「私たちも、(皆が)あなたの奴隷になります。」
                  とヨセフに申し出ました。

                  さらに、かつては弟ヨセフを隊商に売り飛ばしたユダは、
                  「私を代わりに罰して下さい、しかし弟は父のもとへ帰らせて下さい。」
                  と許しを乞いました。

                  自分自身ではなく、自分の身近な者の過ちを、どう対処するか。

                  会社の不祥事を、責任者はどう対処するか。
                  子供が罪を犯した時、どう対処するか。
                  続きを読む >>


                  calendar
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  27282930   
                  << September 2020 >>
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  recent trackback
                  recommend
                  3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                  3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                  羽海野 チカ
                  森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                  recommend
                  エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                  エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                  佐々木 譲
                  2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                  recommend
                  リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                  リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                  井上 雄彦
                  高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                  recommend
                  バガボンド(31)(モーニングKC)
                  バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                  井上 雄彦
                  人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                  recommend
                  おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                  おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                  佐藤 初女
                  物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                  自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  JUGEMのブログカスタマイズ講座