おかげさまで無事引っ越し

0


    ※これは
    「家探し」「不動産屋を選ぶ」「新居を決める」
    の続きです。



    「床暖房?まぁ、大家サンに
     聞くだけ聞いてみますよ。
     聞くだけならタダですからね。」

    という、やけくそっぽい言葉を最後に
    それ以来、トムからは何の連絡もなく、
    1日2日と、じりじり時はたっていった。

    一軒家に多少、未練はあるものの
    いきなりオトナのおつきあいに
    入って行くにはハードル高いし、
    やはりマンションが御心か…

    というように気持ちが傾いて行った。

    家を決めるのと同時並行で、
    宣教師一家がオーストラリアに
    帰国されるという情報を
    いち早くキャッチしたあつろう君は
    色々な物を譲り受けてもらうために
    お家におじゃまする約束をとりつけた。
    続きを読む >>

    新居を決める

    0


      インターネットの不具合が続いて
      つながらない状態が頻繁にあるので
      なかなか更新できません。ピピピ




      さて、あつろう君とおちあってから
      聞いてみた。聞き耳を立てる


      今日見に行った物件は
       2つともあかんかったの?バッド


      「うん、この前紹介されたうちの
       一つは決まってしまったから、
       今日はトムにすすめられた家も
       あわせて3件見に行って…」


      「ちょっと待って、トムって
       あの不動産屋さんのお兄さん?
       あだ名で呼ぶほど親しくなったの?汗

      続きを読む >>

      不動産屋を選ぶ

      0


        ※これは「家探し」の続きです


        そういうわけで新居探し。


        教会の方々からは

        「婚約の段階でも
         公団は申し込めるから
         安いとこ早めに押さえときイヒヒ

        と勧められる。


        2〜3月といえば
        4月から学生や社会人になる人たちが
        ドッ!と住宅探しし始める時期。

        逆に、出て行く人もいるわけだし
        ワンルームではなく探すのは
        結婚後に2人で住める家。男女
        なので今のうちなら
        いい物件があるかも。見る

        という淡い期待を胸に
        インターネットで日々検索し、
        間取りと場所を検討する。ロリポップ!
        続きを読む >>

        家探し

        0


          というわけで引っ越しました。


          1月の半ごろ、風呂上がりに突然
          大家さんに

          「2月末で銭湯廃業するから
          アパート閉じるし…」

          と告げられました。雷


          5年前くらいに
          おっちゃんが頸椎を痛めて
          何ヶ月間か銭湯営業を停止してた時も

          教会のお風呂借りたり
          銭湯へ通うことで、結局
          引っ越しせずに居続けた
          最古の住人ひらちゃん…汗

          そんなわけで2月中に
          ひと足早く新居を探さなければ
          ならなくなったのでした。GO!
          続きを読む >>

          ロームイルミネーション2007

          0


            バレンタイン前だというのに
            クリスマスの記事リース
            (しかも2年前)ですいません…くもり
            でも2007年の記事はあと
            4つで終わり。しばらくのご辛抱を。



            2007年12月23日
            ロームのイルミネーションを
            まりんさんと女見に行きました。




            続きを読む >>

            山歩きを楽しむ会・ポンポン山

            0


              2005年5月28日
              大阪は加茂勢山
              通称ポンポン山に登りました。


              「標高679メートルの頂上に
               近づくにつれて足音が
                ポンポンとひびくことから
               通称ポンポン山と呼ばれている」

              そうです。

              写真を整理してたら
              見つかったので
              せっかくなのでアップします。晴れ



              (すいません、引っ張る程
              内容もないんですが
              続く。)
              続きを読む >>

              さて、山愚痴屋。

              0


                あれは12月の中ごろ、
                あつろう君が大垣書店でもらったという
                市民講座の案内をくれた。おや?

                何の気もなしに受け取って見たら、何と

                山口晃さん
                トークイベント&サイン会が
                キャンパスプラザ京都であると!!びっくり


                (過去の山口晃さんについての記事はこちら

                なっナマでご本人のお話を聞けると!
                行く行くぜったい行く!!YES!グー

                と、ソッコー電話申込みした。
                先着250名とあるが、1ヶ月前なのに
                その時点で整理券番号96番だった。うひょー。

                日曜日なのであつろう君は教会ぬけられないし、


                「いいなあ…写真撮ってきてね。しょんぼり

                と、うらやましがられた。


                そして1月18日、礼拝には遅れていったくせに
                終わったとたん、ウキウキしながら仕度する。
                続きを読む >>

                三条商店街の七夕

                0

                  手書きの看板

                  7 月5日、uo-piさんとの
                  ランチ&買い物
                  お茶し終わって別れた後、
                  土曜日なのでレッスンへ行き、
                  それから三条商店街の
                  七夕まつりへ行きました。



                  去年、まりんさんが行ってきて
                  さらさ3のタコライスが
                  おいしかったと教えてくれた
                  七夕まつり。



                  周辺のマンモスマンションから
                  怒濤のごとく人が押し寄せるので
                  祇園祭並みの人ごみは覚悟して、
                  いざ出陣。



                  三条商店街入り口、堀川通り側
                  続きを読む >>

                  がんばらなくちゃね…

                  0

                    赤ちゃんの頃のらみい


                    入院患者さんの外出届けには
                    行き先と理由が簡単に書いてある。カレンダー

                    外出予定をチェックしながら

                    その人が買い物に行ったり
                    他院の診察に行ったり
                    大学の講義に行ったり
                    観光やコンサートに行ったり
                    お家に帰って家族会議?したり
                    するらしいのを
                    ちょっとだけ想像してみる。温泉

                    週に3回、教会へ行く人もいる。

                    (理由を「カバラット」と書いてて
                     そこの教会の集会はそういう
                     ヘブライ語の名称でやってるのか
                     どうかは、謎…)



                    熱心だな〜、私なんて疲れてたら
                    日曜の午前だけって時もあるのに。
                    入院なんかしたら万障繰り合わせて
                    礼拝に行く根性があるかどうか。ムニョムニョ

                    続きを読む >>

                    サクラ、2008

                    0



                      ※ロリポブログにページ送り機能がつきましたが、カスタマイズを編集できんくて過去記事が見れなくなってます。
                      見たい記事があったら
                      カレンダーから1日ずつ見るか、
                      何かキーワードを入力して記事を検索して閲覧して下さい。
                      つーか誰かテンプレートの編集の仕方を教えてください。
                      ロリポ仲間のながさわ先生、よろしくお願いします。



                      去年の桜の写真はこちら↓

                      サクラのじゅうたん

                      桜カレンダー上旬

                      桜カレンダー中旬

                      桜カレンダー下旬




                      4/7には満開となったサクラ


                      みんなに花見どこに行ったか
                      聞いてみたら、やはり定番は
                      清水寺、哲学の道、鴨川沿い。

                      御所、植物園、二条城、嵐山なども
                      根強い人気。近くの人は
                      平野神社にサッと行ってきたり。


                      以前、uo-piさんに教えられて
                      祇園の北側、白川・新橋通りの
                      お茶屋街の夜桜を教会のみんなで
                      見に行ったことがあった。
                      続きを読む >>


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座