複合施設検討準備委員会

0
    <業務連絡>

    複合施設検討準備委員会より
    お知らせです。

    教会正会員にインタビューをとっております。

    7月の部会に参加されなかった正会員の方は
    委員が分担して追跡調査(笑)…でなく
    個別にインタビューを行っています。

    (長年礼拝出席がない方は除く)


    否定的な見解も、夢のようなアイデアでも
    「意見」として聞き取りをしますので
    ご協力よろしくお願いします。

    (私の担当分はあと2人☆)



    私自身、複合施設、といっても
    あまりピンとこなかったけど
    読売新聞の「時代の証言者」で今
    鎌田實氏のインタビューなんだけど、
    諏訪中央病院の記事を読んで、
    なんとなくイメージがつかめた気がする。



    諏訪中央病院は、介護保険制度ができる10年前から、
    救急治療も訪問看護もリハビリもホスピスも
    在宅介護支援センターも看護専門学校も
    いくつもの組織や機能を持ち合わせる
    「複合体」病院を築いた。



    営利目的ではなく、患者やその家族の立場で
    必要なものをそろえていったかんじ。

    教会もそういうの目指してるのかな、と思う。
    続きを読む >>

    逆転の人生

    0

      6 月、祈祷会でF本先生からのお土産
      (祈祷会の後で、12%くらいの確率で
      誰かのお土産をいただきながら
      ティータイムをする時がある)



      8月13日、帰省は明日からするので
      ひらちゃん祈祷会出るよね、
      村上一家と他のみなさんいないので…
      ということで司会をおおせつかった。

      もしかして司会と説教者だけ??
      と「サシで祈祷会」が危ぶまれたが、
      ながさわ先生一家をはじめ
      けっこう人は集まって、無事に終わった。

      いつもショウジロー先生は
      御歳を思わせない熱い口調で
      エステル記から

      「逆転の人生」と題して語られた。

      続きを読む >>

      父の日のお見舞い

      0


        6月15日 F姉のお見舞い

        脳出血?で倒れられてから
        入院し続けているF姉だが、
        多くの兄姉の祈りのうちに
        徐々に快復されている。

        前回は3月31日に
        SS教師のみなさんと一緒に
        お見舞いに行かせてもらったが、

        転院されてからはみんなも
        初めてということで、
        車2台、11人を乗せて
        O村のおっちゃん運転に
        道に迷いながらも行き当てる。

        道中、F姉と同じように
        高齢の一人暮らしの姉妹
        (キミー姉)のことを
        話していた。
        続きを読む >>

        ボーリング

        0


          5月3日、教会の人たちと
          ボーリングへ行きました。


          uo-piさんが提案して、
          青年部の女の子達と野郎どもと
          中高生とそのお母さんと
          いろいろ声かけてたら
          総勢13人ほどになりました。


          土曜日で公園伝道があるので
          ながさわ一家とあつろう君は
          行けない…



          ってことは
          ドライバーがいないじゃん!



          と思ったら、しょうざん
          送迎バスが出るとのこと。路線バス


          なら安心して
          準備にいそしみましょう。チョキ


          というわけでみどりの日は
          uo-piさんと2人で
          景品の買い出しに100均など
          めぐりました。よつばのクローバー



          続きを読む >>

          20代さいごに

          0
            お花


            関西教区の成人式は
            堺教会か京都教会を交互に
            会場にして行われている(はず)。

            今年は京都教会。

            ゲストに、マルセ太郎さんの
            お弟子さんのマルセまゆみさんを
            迎えて、いつもとちょっとだけ
            違った雰囲気の成人式だった。日の出

            (まゆみさんの本『笑う理由』も販売され
             思わず買ったあつろう君。読書



            最後、会場の片付けする時に
            すぐそばにいらっしゃったのに
            まゆみさんにねぎらいの挨拶するの
            忘れてしまった。汗

            私はいつも自分のことしか考えてないから、
            人に対する気配りとかできず
            その時その時で状況が見えないのだろう…クローバー


            その点、神学生のU田君はエライ。
            いつも謙虚で丁寧で、
            教区で何かある時は必ず京都教会の分も
            手伝ってくれる。

            (才谷君の友達だからというのも
             あるかもしれないけど)


            続きを読む >>

            2008年元旦礼拝

            0
              お餅色々
              実家でついたお餅(山おやじ撮影)
              今年は
              黒豆、古代米、柚子、紫芋、白。



              岐阜で年末につくるお餅鏡もち
              いつもは白と黒豆とキビなんだけど、
              いただきものの紫芋がとても
              キレイな色だったので
              混ぜてみたらしい。

              (餅のレシピは記事の最後にdown


              数はあまりないんだけど
              元旦礼拝にさっそく
              持って行きました。日の出
              続きを読む >>

              人生の夜にあっても

              0
                さぎ草
                さぎ草


                5月入ってからずっと
                頭痛と無気力と虚しさにとりつかれ、

                「やらなきゃいけないこと」
                「やっといた方がいいこと」

                山ほどあるのに、
                何もできないままで
                余計に無力感にとらわれていた。パクッ

                ほんとは司会者か説教者(!)に
                メールでケータイ祈りのリクエストだけして
                さっさと寝ようかと思ったが、
                1ヶ月ぶりに祈祷会へ行ってみた。月

                (2年前位から月2回ペースに
                 なってたけど汗
                続きを読む >>


                calendar
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                25262728293031
                << October 2020 >>
                selected entries
                categories
                archives
                recent comment
                recent trackback
                recommend
                3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                羽海野 チカ
                森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                recommend
                エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                佐々木 譲
                2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                recommend
                リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                井上 雄彦
                高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                recommend
                バガボンド(31)(モーニングKC)
                バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                井上 雄彦
                人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                recommend
                おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                佐藤 初女
                物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                links
                profile
                search this site.
                others
                mobile
                qrcode
                powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM
                JUGEMのブログカスタマイズ講座