お知らせとお願い

0

    過去の記憶の生きる道、未来へ続くのぼり坂


    夫のブログの移転にともない、
    こちらに過去アップされた記事も
    夫目線で書き直して移動してます↓


    NEW!私のブログの引越し先はこちら↓

     浮舟 FC2ブログ

    こちらのブログでの更新は今後ありません。
    いずれ消去します。


    続きを読む >>

    複合施設検討準備委員会

    0
      <業務連絡>

      複合施設検討準備委員会より
      お知らせです。

      教会正会員にインタビューをとっております。

      7月の部会に参加されなかった正会員の方は
      委員が分担して追跡調査(笑)…でなく
      個別にインタビューを行っています。

      (長年礼拝出席がない方は除く)


      否定的な見解も、夢のようなアイデアでも
      「意見」として聞き取りをしますので
      ご協力よろしくお願いします。

      (私の担当分はあと2人☆)



      私自身、複合施設、といっても
      あまりピンとこなかったけど
      読売新聞の「時代の証言者」で今
      鎌田實氏のインタビューなんだけど、
      諏訪中央病院の記事を読んで、
      なんとなくイメージがつかめた気がする。



      諏訪中央病院は、介護保険制度ができる10年前から、
      救急治療も訪問看護もリハビリもホスピスも
      在宅介護支援センターも看護専門学校も
      いくつもの組織や機能を持ち合わせる
      「複合体」病院を築いた。



      営利目的ではなく、患者やその家族の立場で
      必要なものをそろえていったかんじ。

      教会もそういうの目指してるのかな、と思う。
      続きを読む >>

      袖振り合うも多生の縁…

      0


        ※これはグルメネタではなく宗教の話です


        ダンナと2人、ハート専門店へ行った後で
        ちょっと奮発して外食しちゃう?
        ラーメン屋とかないのかな〜
        って話してたら、かつくらが目に留まったので
        とんかつ屋さんに入った。


        平日の夜とはいえ河原町だし
        混んでるだろうな〜と思ったけど
        店の奥の席が空いてた。

        一つの部屋にテーブルが4つあり、
        他の3テーブルにはそれぞれ
        大学生らしい若い男女がグループで座って
        食後に和気あいあいと話に興じていた。


        自分のテーブルで胡麻をごりごりすって
        香ばしい胡麻に食欲をそそられながら、
        久しぶりにとんかつ定食を食べてると、
        そのグループの会話が自然と耳に入って来る。

        ダンナがほほえんで

        「同志社の神学部なんだろうな」
        と、こそっと私に言った。
        続きを読む >>

        四つ子とお別れ

        0


          実は子犬を見に、
          2月に1日だけ岐阜に帰ってました。



          その時はまだ子犬たちはあまり動いてなくて
          寝てる姿しか見れなかったので赤ちゃん

          「もうちょっと成長した姿も見たいから
           3月までに、また1度帰ろうかな」

          と悩む私に、


          「そんな、犬ごときで…ノーノー

          と、ダンナにも両親からも止められた。たらーっ


          というわけで親から送って来た写メで
          四つ子ちゃんの様子をお楽しみ下さい。ケータイ




          2月24日
          やったぁ 今日からボク達それぞれのトレーだ
          続きを読む >>

          男の子 女の子

          0


            ※このタイトルでひろみ郷の歌を
             思い出したの何人位いやはる?
             (私は実際は曲、知らないんだけど)



            らみいの産んだ4つ子ちゃんの近況報告を
            山のおやじ&hana母のメールから
            ダイジェストでお送りします。





            2月7日
            生まれて今日で一週間
            体重は生まれた時のほぼ倍。

            252グラムで一番小さかった男の子が
            510グラムに、
            一番大きかった324グラムの男の子が
            590グラムと、ほぼ倍に。

            女の子も530グラム、560グラムと順調です。
            続きを読む >>

            四つ子ちゃん誕生

            0


              みんな元気ぃ〜?

              ごぶさたしてます、らみいです犬


              あたし1月31日に、
              いっぺんに4匹のママになったょ星


              12月頃はもぅ食欲ありまくって、
              これでお腹に子どもがいないんだったら
              どうなるんだってかんじだったけど(笑)

              (かなこさんは子どもいないのに
               何人分も食べてるから、まんまお肉になってるのよ)



              1月のなかごろから、出産にそなえて
              いつも犬小屋で寝てるんだけど寒いから
              台所のすみに箱を持ち込んで、
              そこに入れてもらってたの。おうち


              31日はまだまだ出産予定日じゃなかったから
              あたしがいきんでる時、誰も気づかないで
              お父さんは夕飯食べてて食事
              お母さんはNHKの大河ドラマの予約してたのね。テレビジョン
              続きを読む >>

              汝、その名はらみい

              0

                あれ?いつの間に金魚が??

                11月の連休に帰った時に、
                実家の飼い犬らみいの小屋の上に
                水槽が置いてました。


                「最初は5匹くらいだったんだけど
                 あっという間に1匹になっちゃって」


                とのこと。
                金魚も案外(育てるの)むずかしいのね。
                でもこれでらみいも秋の夜長、寂しくないね。



                さて、どれが本物の金魚でしょう?



                この正月、結婚して初めて2人で
                岐阜に帰ったのですが
                ダンナがこの水槽を見て一言


                「あれっいつの間にカルビの所に金魚が」




                カルビらみいのことを指してるのだと
                分かるまで、ちょっと時間がかかりました。

                続きを読む >>

                マークと再会、その時…

                0

                  ※写真は去年、マーク達が来日して
                   ゴスペルクラスに出た時のです。



                  7月23日〜25日は
                  あつろうはキャンプだった。


                  「新婚さんなのに寂しいね〜失恋

                  と声かけられつつ、
                  1年ぶりにマークが日本に来るので
                  キャンプの時に私らの
                  結婚式の写真を見てもらおうと
                  あつろうに託した。カメラ

                  土曜日の朝に電話がかかってきて携帯
                  教会の仕事中にあつろうから
                  電話してくるなんて珍しいおや?
                  と思ったら


                  「財布を盗られた」

                  って。
                  il||li _| ̄|○ il||li
                  続きを読む >>

                  ネコんでました

                  0


                    ブログ放置してました。


                    いやいや、あつろうの引っ越しで
                    部屋の荷物が増えると共に
                    回線に影響与えたのか、
                    ネットがつながらない状態が続いて
                    パソコンが使えなかったのでした。


                    それPCもあるけど結婚後、
                    疲れがドッと出て
                    仕事から帰ると泥のように寝て、
                    夜9時か10時過ぎ頃に
                    あつろうに起こされる日々でした。月



                    「何(なん)しよんじゃ、
                     わりゃぁー!
                     目ぇくさるびゃぁ、寝な!zzz
                    続きを読む >>

                    信仰と希望と…

                    0


                      実は5月14日に入籍しました。


                      って言っても、書類上だけで
                      結婚生活1日もないけどね。
                      まだ、あつろう君は
                      ネコ屋敷に住んでるから。


                      誕生日に合わせて婚姻届け出して、
                      記念にケーキ買いました。
                      (これ食べたのは1週間後だけど)



                      ケーキは才谷君の時と同じ
                      アトリエミトンで頼みました。


                      続きを読む >>


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << November 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
                      3月のライオン 4 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      羽海野 チカ
                      森見登美彦サンの『夜は短し歩けよ乙女』の解説を描いてらっしゃったことから知った羽海野(うみの)チカさん、可愛らしい絵にほれて購入しましたが『ハチミツとクローバー』を描いた人の作品、と言うほうが分かりやすいでしょうか。将棋はほとんど知識も興味もなかったけど、主人公は悩みの淵にある物語だけど、ほんわかしたキャラクターと食いしん坊な猫たちが面白くて、ダンナ共々はまってます。
                      recommend
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
                      エトロフ発緊急電 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐々木 譲
                      2010年、直木賞を受賞した佐々木譲の第二次大戦三部作のひとつ。太平洋戦争前夜に零戦を隠密裡に空輸する国家プロジェクトを描いた前作の『ベルリン飛行指令』や、大戦末期、米国が戦争終結のために原爆を用いようとしている、という極秘情報を日本に伝えるべく奔走する『ストックホルムの密使』を読んでから数年、ようやく最近この作品を読みました。三作通じて同じ登場人物が出てくるのですが、米国のスパイとして日本に侵入し、真珠湾奇襲の動向を探る、日系人のこの作品の主人公が一番哀しい境遇かも。「あの戦争」は何だったのか、深く考えさせられます。三作通して読みたい作品。
                      recommend
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
                      リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      高校生、青春真っただ中。荒涼とした現実の中で、それぞれのキャラクターが自分の道を模索している。高橋が車イスになった現実と向き合いながら、父親との絆を回復していく過程にもらい泣き。
                      recommend
                      バガボンド(31)(モーニングKC)
                      バガボンド(31)(モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
                      井上 雄彦
                      人殺しの螺旋から逃れることができず、地獄へ向かい続けるのか、それとも光へと歩み出しているのかー。物語の終幕へと向かい出した兆しの見える31巻、武蔵の行く末も気になりますが、お杉婆さんと又八の親子の対話、何度読返しても泣けます。
                      recommend
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫)
                      おむすびの祈り「森のイスキア」 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
                      佐藤 初女
                      物を食べて一番心が満たされる瞬間は、その食べ物が口に運ばれるまでにたくさんの人の思いがこめられて届けられたことに気づく時。自分が色んな人の優しさによって「生かされているんだ」と感謝できる時。
                      自分にも何かできないか、ふと考えてみる一冊。
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座